カードリスト / 第1弾 / / 関索


武将名かんさく明朗なる麗花
関索「一緒に行こう、果てなき旅路を!」

関羽の子。師匠や恩人から名をもらい「花関索」と名乗ったという。父を追って幽州からはるばる益州まで長旅を続け、多くの猛者と戦った。武勇と容貌に秀で、鮑三娘をはじめ数多くの女傑の心を射止めた色男だったとされる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器長槍術 士気上昇 募兵
計略指揮味方の武力が上がる
必要士気5
Illustration : ほにゃらら


演義にしか登場しない、関羽の三男坊。

スペックは武力・知力共にコスト1.5としては平均的。征圧力もしっかり2確保している。
また花関索の逸話から魅力も備える。
スペックだけなら特技2つの王桃、伏兵持ちの呉蘭や、将器に知力上昇をつけない雷銅とも張り合える。
逆に本人の将器があまり強いとは言えないのが問題。
一応1.5コスト槍としては珍しい魅力+士気上昇持ちであり、同じ条件を持つ他のカードはコンパチを除くと3枚存在するが、
それぞれ低武力、低知力、勢力限定号令である為、この枠が欲しい時の安定感でいえば優秀。

計略は基本号令である指揮
勢力問わず味方の武力を+4する。
効果時間は8.3c(Ver.2.0.1B)
2.0.1Bにて効果時間微減の代わりに武力上昇値が上がったものの、メインとして置くのは依然力不足。サブとしての活用が無難だろう。
しかし、蜀は武神の大号令八卦の軍略など単体で十分強く攻め守りを問わない号令が多い為あまり呼ばれない。

稼動当初は魅力持ちの少なさに悩まされる群雄との混色で呼ばれる事が多かった。
しかし、カードが追加される毎に当の群雄の魅力持ちも一気に増加し、そちらでの採用も無くなってしまった。

スペックは悪くないものの、逆に強みが弱いせいでどうしても埋もれてしまっている1枚。
最大のライバルが知力上昇を持った嫁(王桃)とはいかがなものだろうか…。
加えて2コスト騎馬に名前被りの花麗関索が追加されてしまい、更に需要を落としてしまった。

それを見かねてか、Ver.2.0.1Bで効果時間を下げた代わりに武力に上方が入りサブ計略として採用率が上がっている。
勢力不問・条件不問の武力+4は最後の一押しとしての価値ができた形か。

修正履歴

Ver.1.0.5A 効果時間延長 →8.3c
Ver.2.0.0D 効果時間延長 8.3c→9.1c
Ver.2.0.1B 効果時間短縮 9.1c→8.3c
       武力上昇値増加 +3→+4