カードリスト / 第1弾 / / 甘夫人


武将名かんふじん
甘夫人「玄徳ちゃん、たまには
  一緒にのんびりしましょ〜」

劉備の妻で、劉禅の母。劉備が徐州を譲り受けた頃に嫁ぎ、最も長く苦楽を共にした女性。身分が低く正室にはならなかったが、家中を上手く取り仕切り、劉備を癒やし続けた。心優しく、関羽らにも敬愛されたといわれる。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力1 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 復活減少 士気上昇
計略回復の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
味方の兵力が徐々に回復する
必要士気7
Illustration : 赤賀博隆Character Voice : 上坂すみれ


劉備の最初の奥さんであり、後の2代目皇帝・阿斗(劉禅)の母親となる甘夫人。
ちなみに死後、皇后の名を追贈されている。

武力1知力4の歩兵とスペックは最低クラス。 スペックに反してさらに征圧力まで1である為、そのままでは使用に堪えない。
一応魅力持ちだが、基本は自身の計略を軸に立ち回る形になる。

回復の舞いは必要士気は高いが、撤退するまで徐々に味方部隊が回復し続ける。
回復量は0.6c毎に3%(Ver.2.5.0A)

単純な白兵能力が大きく上がるので、士気を投入しないぶつかりあいでは常に有利に立てる。
また兵力が減っても自城に帰す必要が無くなり征圧し続ける事が出来るため、戦闘システムとのシナジーも大きい。
ただし回復量を上回るダメージを受ける状況では脆いので、相手の号令を回復の舞いだけで正面から受け止めるような事は難しい。

使う側も使われた側も最も重要になるのは舞うタイミングと舞った直後となる。
必要士気7と重いので、相手の同等の士気を投入しての攻撃を受け止めなければならない。
使われた側はここで甘夫人を潰せないと、その後は相手も士気を投入してくるので白兵能力は更に上がる。
天下無双・飛赤壁の大火のような爆発力のある計略や川賊の破弓のような遠くから甘夫人を潰せる計略がないと、
後の試合展開は相手を延々自陣から排除できずに詰みになってしまいかねない。
使う側はここを凌ぐこと、相手側はここで潰すことが非常に大きな勝負の分かれ目となる。
自身は舞いの効果を受けないので、甘夫人自身が狙われると脆いので、柵などでしっかり守ってあげたい。

この舞いは帰城する必要がないので、延々敵陣に居座り内乱ゲージを止めずに攻勢を続けられるのが理想。
1部隊が落とされても他の部隊が前線で粘り復活時間を稼ぎ、常にこちらの攻勢を終わらせない、撤退しにくい点が強みとなる。
敵城に貼り付き兵力が減って来たら一度攻城をやめて後方に下がり、征圧しながら兵力を回復させるなど、
単なる前出しではなく簡単に撤退させないための兵力管理もしっかりやりたい。
部隊が前線にいなくなってしまうと敵にラインを上げられてしまい、舞いの恩恵が薄くなり甘夫人も弓などで危険に晒されやすくなる。

留意したい点として、他の舞姫と同様武力ダメージ計略はもちろん、甘夫人は他の舞姫と比べても知力が低く、知力ダメージ計略も天敵。
赤壁の大火や徐庶の落雷クラスの計略は、兵力満タンでも確殺なのでこれらのカードがある時は早期に舞いを潰されやすい。
士気7を捨てるだけの結果に終わりかねないので、場合によっては舞わない選択も必要になるだろう。
武力ダメージはどうにもならないが、知力ダメージ計略に耐性を持たせたいのであれば将器の兵力上昇を覚醒させるか、Ver.1.1.5Bにて追加された復刻武将の自分(知力将器持ち)の方を採用するのもあり。

コンパチブル武将

Ver.1.1.5B EX(LE)甘夫人(復刻武将)

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.7C 兵力回復間隔短縮
Ver.1.1.0A 兵力回復間隔延長 →0.57c毎
Ver.1.1.5A 兵力回復間隔短縮 0.57c毎→0.54c毎
Ver.2.5.0A 兵力回復間隔延長 0.54c毎→0.6c毎