カードリスト / 第1弾 / / 程普


武将名ていふ とくぼう四天王
程普 徳謀「孫呉三代の宿将の武、
   甘く見られては困るな」

孫家三代の宿将。孫堅、孫策の配下として第一線で戦い、血気に逸りがちな二人を助けた。孫権が跡を継ぐと、諸将をまとめて各地を奔走して若き当主を支えた。赤壁の戦いでは副都督を務めるなど老いても活躍し、他の将から篤く慕われた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力7 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器遠弓術 防柵強化 速度上昇
計略遠弓戦法武力と射程距離が上がる
必要士気3
Illustration : 池田正輝


四天王の二つ名をもつ孫呉の宿将。
その四天王(程普、黄蓋、韓当、祖茂)の中ではもっとも知力が高く、バランスのとれた能力が売り。
弓兵では嬉しい防柵持ちだが、呉のコスト2は意外と防柵持ちが多い為セールスポイントにするには若干押しが弱いか。
同コスト帯で武力担当弓兵の座を争う太史慈と比べると、武力に劣り知力で勝る。
征圧力でも勝ってはいるものの、弓なのであまり強みにはならないか。

計略「遠弓戦法」は武力+2だが、弓射程が何と2.5倍になる。効果時間は約12cとやや長め。(Verr1.0.7C)
将器に頼らなくても敵計略に強く計略時間が長く、将器の遠弓術と組み合わせると計略でほぼ戦場全域をフォローできる。
敵の真正面から弓を射かけていくのが強い太史慈と違い、射程を活かして敵の射程圏外から一方的に攻めるのが程普の基本戦術

ただ、射程が物凄く伸びるとは言え計略自体は武力+2でしかなく、動いている間は当然射程強化は活かせない。
その為こちらから攻める為に使うのは難しく、号令デッキとの噛み合いはあまり良くない。
逆に守りを重視するデッキであれば、本人の防柵と射程延長も相まって敵を寄せ付けない戦術を取りやすくなる。
主に流星・大流星デッキの護衛や、群雄に出張して「傾国の舞い」と組む事が多い。
環境が殴り重視である為総合的な採用では振るわないが、確かな強みもある為最大限に活かしたいところ。