カードリスト / 第1弾 / / 孫静


武将名そんせい ようだい
孫静 幼台「喜びも絶望もなく
 静かに暮らしたいものだね」

孫堅の弟。孫策、孫権の叔父。孫堅の挙兵時には留守を任され、陰ながら兄を助けた。孫策が江東平定を開始すると合流し、王朗攻めなどで献策して孫策を助けた。出世欲はなく、故郷で静かな暮らしを望んだという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職文官
特技-
将器兵力上昇 知力上昇 長槍術
計略孫呉の戦武力と征圧力が上がる
必要士気3
Illustration : RARE ENGINE


後に血族が晩年の呉を牛耳る羽目になってしまった、孫堅の弟。

武力2に知力5とスペックは平凡だが、征圧力2は嬉しい。但し特技無し。
悪い性能ではないのだが征圧力2で武力3の淩操が存在するため、白兵だけだと後れを取りがち。
さらに呉には自身より知力で1劣るが浄化の計持ちの小喬がいるため、彼を採用するのであれば計略を活用することが必須である。

孫呉の戦は武力+2征圧力+3が50c以上続く超長時間上げられる計略。
朱桓と同じ計略だが、彼は元の征圧力が2なので使用中は征圧力5となる。(Ver1.0.7A)
文官なので一騎討ちを起こさないのも撤退させたくない長時間計略と噛み合う。

撤退させたくない長時間強化だが計略を使ったところで武力4で機動力も低いので、効果時間を全うするのは難しい。
その為、士気が溢れそうな時に計略を使い、攻め上がる時に大きく征圧出来る端攻め役として味方本体から離れて行動するなど、
撤退やむなしといった使い方が効果を活かしやすいか。
撤退させないように戦闘を避けるような使い方では士気3を消費したコスト1が戦力外になってしまい、全体が不利になりかねない。

朱桓のような通常の号令デッキなどでも入れる余地がある運用とは異なり
この征圧力を生かさなければ、他の優秀な呉のコスト1の中に割って入るのは難しいだろう。