カードリスト / 第1弾 / / 周瑜


武将名しゅうゆ こうきん断金之交
周瑜 公瑾「我らの命運、宿りし炎よ!
   孫呉の未来を煌々と照らせ!」

孫策の義兄弟。孫策の旗揚げに呼応して、私兵を引き連れて駆けつけ右腕として活躍。孫策死後は孫権に変わらぬ忠誠を誓った。曹操が南進を開始すると総司令に任じられ、赤壁で激突。大船団を火計で焼き払い、勝利を掴み取った。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職武官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略赤壁の大火敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : ほにゃららCharacter Voice : 佐藤拓也


孫策の親友であり義兄弟である周瑜。ちなみに孫策とは同い年。

コスト2武力6はややパンチ不足だが、知力9・征圧力2に加え知力を活かせる伏兵や計略サポートの魅力持ちとなかなかのスペック。
将器は全体的に微妙。自身が重い計略持ちなので士気上昇はあって損はないものの無理に付ける必要は無いだろう。

計略「赤壁の大火」は、自身の向いている方向に回転可能な縦幅カード約4枚、横幅カード約1枚分の縦長長方形が範囲。
通常の火計より若干広いため、真横にいる相手も角度を調整してやることで範囲に収められるのが強み。
火計要員は他にも多数いるが、周瑜はその中でも最大威力、最長射程を誇るため差別化を意識する必要はない。
知力9から放たれる火計は強烈で知力4までならほぼ確殺、知力5相手でも致命傷を与えられる。

問答無用で相手の兵力を奪うため、使用出来る状況は多岐に及ぶ。
自城防衛、強引な攻城、相手のキーカードの封殺、戦闘補助など使い方は様々。
複数部隊を一度に戦闘不能に追いやる能力を持ち、上手く決まればそれだけで決定打となりうる。

とはいえ、士気7と大型計略であるため漫然と撃つだけで勝てるものではない。
撃った直後は最大でも士気5しか使えないため、焼け残った相手に兵法+大型計略を重ねられると本人の素武力の低さも災いし瞬く間に戦線が瓦解する、なんて事態は珍しくない。

増援や反計も天敵で、こちらの士気の丸損に繋がってしまう。
兵力将器を持つ武将を狙う場合、思ったより兵力が残ってしまい仕留めきれずに逃げられることもあるので注意。
また、号令デッキの場合、往々にしてキーカードは高知力が多いためカウンターも狙われやすい。
魅力や士気将器を保持する武将の多い呉の特性を活かして士気差を作り、密集すればまとめて焼かれるというプレッシャーをちらつかせて各部隊を分散させられるのが最大の強み。
そこに呉お得意の超絶強化で各個撃破を狙いつつ、要所要所で問答無用の炎を叩き込むのが周瑜最大の勝ち筋。

採用する上でネックになるのはやはり2コスト武力6の弓という自身のスペック。
旧作と比べて全体的にカードスペックがデフレ傾向にある今作では低めの武力をデッキ全体でカバーしにくく、全体的に武力が控えめな傾向にある呉なら尚更。
特に呉の主力であった手腕孫権との併用が相当辛いものになってしまったのが痛い。
計略は強力なのでどうやって低めの武力を補うかが鍵になる。

なお、諸葛亮を計略範囲内に入れると台詞が変化する。知力10なのでダメージはあまり入らないが。

余談だが、孫策が大喬の計略と相性が良い為彼も小喬の計略と相性が良いかと思いきや、むしろ知力が低い方が嬉しい浄化の計なので小喬も孫策の方が相性が良い。何故。
周瑜が苦手な騎兵の対策になる槍兵である為、かろうじて最低限の相性は備えているといったところか。

威力の目安(Ver2.1.0D現在)

敵の知力12345678910
与えるダメージ354%187.5%132%104.3%87.6%76.5%68.6%62.6%58%54.3%


コンパチブル武将

Ver.1.1.0A LE周瑜(人形劇三国志)
Ver.1.2.0D EX(LE)周瑜(復刻武将)
Ver.2.1.0B LE周瑜(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver1.0.0D ダメージ強化
Ver1.0.5A ダメージ増加 知力4確殺→知力?確殺
Ver1.0.7A 敵武将が岩場にいると威力が上がる仕様を解消
Ver1.1.0D ダメージ減少
Ver2.1.0D ダメージ増加

Menu

最新の20件

2020-07-04 2020-07-03 2020-07-02 2020-07-01

今日の20件

  • counter: 69755
  • today: 15
  • yesterday: 29
  • online: 78