カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 馬超


武将名ばちょう もうき西涼の錦
馬超 孟起「曹操!西涼の錦が槍で、
   歪な天下を壊してやる!!」

西涼の雄、馬騰の息子。若いころから剛勇の士であると謳われていた。また羌族の血を引いていたため、異民族からの信望を得ていた。馬騰亡き後、曹操に戦いを挑み、討ち取る寸前まで追い詰める。その勇姿から「錦馬超」と呼ばれた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略錦馬超の叛撃武力と移動速度が上がる。さらに突撃オーラ状態を維持している間、武力が徐々に上がる
必要士気5
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 中井和哉


西涼時代の馬超が、群雄勢力として参戦。

蜀に降った後の自身と同じく武力9に加え中知力・征圧力2と、全勢力でも屈指のハイスペック。
ただ、特技が勇猛から魅力に変更されているので、そこは良し悪しか。
将器も全体的に優秀で、戦闘面を強化する突撃術と速度上昇は言うまでもない。
2.5コストのアタッカーとしては微妙だが魅力&士気上昇持ちなので開幕士気ブーストも可能。

計略「錦馬超の叛撃」は発動時に武力+1、突撃オーラを維持している間は0.7cで武力が1ずつ上がるというもの。
効果時間10.4c、知力依存0.4c、速度上昇は1.8倍(Ver1.0.5A)。
Ver1.0.5Aで移動速度が神速戦法と同程度まで引き上げられ、突撃オーラ時の武力上昇間隔も早くなった。
Ver1.0.7Bで速度は更に上げられたが、上昇率は要検証。

採用するならどのくらい武力が上がったら攻撃に参加するか、ある程度自分で決めておいた方がいい。
効果時間10cだが武力を15まで上げたら、戦闘出来る時間は5cしかない。
上げ続けるだけでは戦闘には参加できないので、武力上昇に充てる時間と戦闘する時間をしっかり分けて考えたい。
計略を使用直後でも武力10になれるので、場を荒らす目的ならいきなり突撃させて再突撃の間で武力を上げるような用法でも使えないことはない。
騎兵の場合1~2程度の武力の値よりも突撃の回数の方が重要なので、武力にあまりこだわらずに効果時間を生かして突撃の回数を稼ぐ方が良いかもしれない。

問題はやはり速効性が無い=殲滅力が弱いという点。
特に超絶強化や速度上昇計略に全く困らない群雄勢力では、2.5コストを起用してまでやる事かというと疑問符が付く。
更に全軍突撃馬超が復刻され、名前被りで採用できない事もあり採用率は振るわない。

なお、特殊台詞の対象が多い。
自身は対許褚(挑発)の一騎討ちで相互に変化し、
相手のみであれば、計略では賈詡(離間の計)が、一騎討ちでは王異(女傑の連撃)閻行(狂騎の神速行)がこのカードに対しそれぞれ変化する。
味方の場合、第3弾排出の馬騰(義乱の大号令)の計略にこのカードを対象にすると変化する。

コンパチブル武将

Ver.2.6.0C LE馬超(蒼天航路)

登場バージョン

Ver.1.0.0F

修正履歴

Ver.1.0.5A 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.8倍
       突撃オーラ状態時の武力上昇間隔短縮 1c毎→0.9c毎
Ver.1.0.7B 移動速度上昇値増加 1.8倍→?倍
Ver.1.1.0D 突撃オーラ状態時の武力上昇間隔短縮 0.9c毎→0.78c毎
Ver.2.0.0D 突撃オーラ状態時の武力上昇間隔短縮 0.78c毎→0.7c毎(最大武力24)

Menu

最新の20件

2020-01-22 2020-01-21 2020-01-20

今日の20件

  • counter: 50821
  • today: 11
  • yesterday: 37
  • online: 39