カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 馬超


武将名ばちょう もうき西涼の錦
馬超 孟起「曹操!西涼の錦が槍で、
  歪な天下を壊してやる!!」

西涼の雄、馬騰の息子。若いころから剛勇の士であると謳われていた。また羌族の血を引いていたため、異民族からの信望を得ていた。馬騰亡き後、曹操に戦いを挑み、討ち取る寸前まで追い詰める。その勇姿から「錦馬超」と呼ばれた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略錦馬超の叛撃武力と移動速度が上がる。さらに突撃オーラ状態を維持している間、武力が徐々に上がる
必要士気5
Illustration : 萩谷薫


西涼時代の馬超が、群雄勢力として参戦。
蜀に降った後の自身と同じく武力9に加え中知力・征圧力2と、全勢力でも屈指のハイスペック。
ただ、特技が勇猛から魅力に変更されているので、そこは良し悪しか。

錦馬超の叛撃は発動時に武力+1、突撃オーラを維持している間は0.9cで武力が1ずつ上がるというもの。
効果時間10.4c(Ver1.0.5A)、知力依存0.4c。速度上昇は神速戦法(1.8倍速)と同程度。
Ver1.0.5Aで移動速度が神速戦法と同程度まで引き上げられ、突撃オーラ時の武力上昇間隔も早くなった。

採用するならどのくらい武力が上がったら攻撃に参加するか、ある程度自分で決めておいた方がいい。
効果時間10cだが武力を15まで上げたら、戦闘出来る時間は5cしかない。
限界まで上げては戦闘には参加できないので、武力上昇に充てる時間と戦闘する時間をしっかり分けて考えたい。

計略を使用直後でも武力10になれるので、場を荒らす目的ならいきなり突撃させて再突撃の間で武力を上げるような用法でも使えないことはない。
騎兵の場合1~2程度の武力の値よりも突撃の回数の方が重要なので、武力にあまりこだわらずに効果時間を生かして突撃の回数を稼ぐ方が良いかもしれない。

武力を上げて敵を撃破するだけでなく、効果時間が長めの速度上昇計略であることを生かし、
盤面を塗り替えながら征圧戦でアドバンテージを取るような立ち回りも心掛けたい。