カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 馬岱


武将名ばたい錦の腹心
馬岱「皆の無念を晴らすため、
 私は今日まで生き延びてきた!」

馬騰の甥。馬騰が曹操によって殺された際には、商人の恰好をして脱出する。その後、従兄の馬超に従い曹操と戦うが敗北。馬超とともに、劉備の配下となった。馬超亡き後は、諸葛亮孔明に従い北伐などで活躍を見せた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力3 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 復活減少 同盟者
計略不屈の忠義兵力が回復し、征圧力が下がる
必要士気3
Illustration : 木志田コテツ


馬超と共に群雄にも登場した馬岱。
時系列的にはこちらの方が昔なのにコストアップして武力が倍になっており、征圧力も有している。
蜀にいる彼は何故征圧できなくなってしまったのか。

群雄の1.5コスト騎兵初の武力6で、中知力の伏兵やダメージ計略をギリギリ耐えられる知力がある。
群雄のこのコスト帯で武力6以上は脳筋攻城兵だけなので彼の存在はありがたい。
暴虐なる覇道悪鬼の大車輪、滅葬の魔王など、群雄の粒揃いの2.5コストを中心に組むデッキの隙間を埋めるカードとして仕込みやすい。

計略の不屈の忠義は兵力回復計略で、蜀の自身と類似点がある。
回復量は8割強程で瀕死から一気に満タン近くまで回復する。
しかし征圧力低下のデメリットがあり、元の征圧力が1なので、蜀の自身と同じく完全に征圧が不可能になる。
征圧力低下時間は5c(Ver1.0.7B)

蜀で自身も持っている奮激戦法と比べて回復量は2倍以上あるが、武力が上がらないのは痛い。
自身の素武力が高めなので蜀の王平と遜色ない程度の粘りは見せられるが、同士気の計略でデメリットがあることを考えると効果はやや寂しい。
何より同系統の計略で黄巾の群れが同勢力にあり、そちらはデメリットなしで兵力100%回復で、この計略は完全に黄巾の群れの下位互換。
張梁のように攻城の一押しにしようにも、自身が攻城力の低い騎兵なので役割と噛み合っているとは言いがたい。

それでも緊急時の殿など、カウンターを防ぐ時間稼ぎではなかなかに粘れ
騎兵の機動力で粘った末に生存できる点は、基本捨て石の張梁にはできない長所である。
弓集めや柵割りなど、戦場に居座りたい時や騎兵にやらせたい仕事がやらせやすくなるため、要所要所で持ち味を発揮できる。
黄巾の群れと同じくむやみな連発をする計略ではないが、使うなら騎兵の機動力を生かせる場面で使いたい。