カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 程遠志


武将名ていえんし
程遠志「オレの実力、魅せてやるぜ!」

黄巾賊の将軍。武勇に優れ、5万の兵を率いて幽州へと攻め込む。そこで初陣の劉備たちとの闘いになり、一騎打ちを関羽に挑むも、一瞬で討ち取られてしまった。統制を失った黄巾賊は、劉備率いる義勇軍に敗北した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器兵力上昇 長槍術 突破術
計略黄巾の群れ兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 歩鳥


群雄コスト1復活持ちトリオ、槍の程遠志。
自分を「魅せる」ナルシスト振りが目立つが、演義では魅せる前にバッサリ逝かれてしまう。撤退台詞は必聴。

3/1/1の復活持ちと極端な脳筋スペックをもつが、これがカードの性質と絶妙に噛み合ってる。
足が遅く前面に立つので撤退しやすい槍兵にとって、復活は非常に相性が良く、中でも低武力で使い捨てになりがちなコスト1との相性は抜群。
スペック・兵種・特技が綺麗に噛み合った、使い勝手の良い一枚。

計略は黄巾の群れとなっている。
積極的に使うものでは無いが回復量は100%近くと非常に大きい。(Ver1.0.5C)
速度上昇騎馬相手にどうしても穂先を消したくない時など、咄嗟の粘りに使うには十分と言える。

同コスト同兵種には、対超絶の優秀な計略を持つ鄒や、柵持ちの陳姫などもいるが、
程遠志は武力担当として明確な役割を持つので、棲み分けに悩むことは無いだろう。
勿論、同時採用でも何の問題も無い。