《沈黙の剣−LV7》


《沈黙の剣−LV7/Silent Swords LV7》

装備魔法
「サイレント・ソードマンLV7」が
自分フィールド上に存在している時のみ発動する事ができる。
このカードが表側表示でフィールド上に存在する限り、
自分は「サイレント・ソードマンLV7」の効果で魔法カードの効果を無効にされない。
このカードの発動と効果は無効にされない。

 「ハピフラシリーズ」で登場した装備魔法。
 発動に《サイレント・ソードマン LV7》を必要としており、発動と効果を無効にされない効果、自身の《サイレント・ソードマン LV7》によって効果を無効化されない効果を持つ。

 発動と効果を無効にされないものの、発動条件がかなり厳しい。
 《サイレント・ソードマン LV7》は特殊召喚モンスターであり、召喚条件となる《サイレント・ソードマン LV5》のレベルアップ条件が、直接攻撃に成功し次の自分のスタンバイフェイズまで生き残る必要があるからだ。
 この為、高確率で腐る事が多く、投入枚数は慎重に決めた方が良いだろう。

 しかし、その分効果は強烈。
 《サイレント・ソードマン LV7》によって封じられている魔法カードを自分だけ使い放題できる。
 《王宮のお触れ》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》と組み合わせれば、相手はただ絶望するしかないだろう。
 例え戦闘破壊耐性を持つモンスターを出しても、魔法カードで除去してやれば良いのだ。

  • 装備魔法なので、予め墓地へ落としておき、隙を見て《アームズ・ホール》でサルベージすると事故率は大きく下がるだろう。
  • 発動条件に《サイレント・ソードマン LV7》を指定しているが、装備対象にはしなくても良いらしい。
  • 登場作品において―
    Happy Flowerにおける「藤原賢治vs野口龍明」及び、バトル In ジェネックス!における「藤原賢治vs遊城十代」で藤原が使用した。
    どちらも、《サイレント・ソードマン LV7》の効果をすり抜けて魔法カードを使用している。
    しかし、発動条件が厳しいだけでなく、原作も創作デュエルも主要キャラの戦法はビートダウンが中心である。
    コントロール向けのこのカードは活躍し辛いのか、上記のデュエル以外では一切登場していない、不遇なカードである。

登場作品

  • Happy Flower
  • バトル In ジェネックス!

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【サイレント・ソードマン】

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1177
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit