《千差万別》


《千差万別/Infinite variety》

永続罠
お互いのプレイヤーは
それぞれ同じ属性・種族のモンスターが2体以上にならないように
フィールド上の自分モンスターを墓地へ送る。
このカードがフィールド上で存在する限り、
お互いに同じ属性・種族のモンスターを2体以上自分フィールド上に出すことができない。

 「ディメストシリーズ」で登場した永続罠。
 《群雄割拠》《御前試合》の多属性・多種族版と言える。

 《群雄割拠》や《御前試合》が多種族メタ・多属性メタになるのに対し、こちらは統一属性・種族メタとなる。
 このカードの影響を受けるデッキは凄まじく多く、【ライトロード】【インフェルニティ】のような属性統一デッキや【不死武士】【代行者】のような種族統一デッキはこれ一枚で壊滅する。
 もちろん現在流行中の【BF】や【六武衆】も種族統一デッキなので抜群に刺さる。
 逆に種族や属性がバラけやすい【デブリダンディ】には効果が薄い。


 テキストでは分かり辛いが、このカードの効果を詳細に書くと『お互いに同じ属性のモンスターを2体以上フィールドに出すことができない』+『お互いに同じ種族のモンスターを2体以上フィールドに出すことができない』という効果である。
 この為、属性・種族が共にバラけているデッキですらモンスターの召喚を制限される事も多い為、《御前試合》や《群雄割拠》以上の諸刃の剣となり得る。

  • 自分か相手が《DNA改造手術》《DNA移植手術》《御前試合》《群雄割拠》のいずれかを1枚でも発動した場合、お互いにフィールドに表側表示で存在できるモンスターは1体までという強烈なロックと化す。
  • 《見習い勇者アルト》が自分フィールド上に存在す場合は自分は他のモンスターを一切場に出せない。
     逆に相手に送りつけてやれば相手の召喚をロックできる。(尤もアドバンス召喚の為のリリースにされてしまうだろうが。)
  • ちなみに《見習い勇者アルト》の元々の属性である「無属性」とは「属性無し」の事である。(属性無しはクリアーも参照。) 属性無しのモンスター達はこのカードの効果範囲に入らない(同じ種族のモンスターは出せないが。)ので今後、無属性のモンスターが現れた場合、自分だけ一方的にモンスターを展開し、相手はモンスターを1体しか場に出せない状況を作り出すことが出来る。
    仮に《見習い勇者アルト》のルール効果を無効にできた場合、《見習い勇者アルト》は無属性・戦士族となるのでこのカードの影響は戦士族以外受けなくなる。


  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」において、作中でシンマが買ったカードパックにこのカードが入っていた。
    ちなみにシンマのデッキである【LS】には同じ種族を持つモンスターが殆んど存在せず、属性もほぼ均等に分かれているのでこのカードの影響を殆んど受けない。
    しかし、彼のフェイバリットカードである《見習い勇者アルト》との相性は最悪である。

登場作品

  • ディメストシリーズ

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 689
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit