《神龍−リバイブ・ドラゴン》


《神龍−リバイブ・ドラゴン/Revive God Dragon》

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/ドラゴン族/攻 800/守 200
自分フィールド上に「神龍」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、
このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードは
フィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
「神龍」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。

 「血の刻印」で登場した地属性の「神龍」チューナー。
 墓地から自己再生する起動効果と、それに付随した「自身の効果で蘇生した場合フィールド上から離れる時に除外される効果」を持つ。
 また、「神龍」チューナー共通のシンクロ召喚に対する縛りが存在する。

 自己再生効果を持つチューナーには制限カードの《ゾンビ・キャリア》を始めとし、《グローアップ・バルブ》や《スポーア》等、強力な効果を持つモンスターが多い。
 このカードもその例に溺れず、強力なカードである。
 自身の効果で自己再生した場合、フィールドを離れると除外されてしまうが、それ以外の方法ならば何度でも使いまわす事が可能。
 しかも「神龍」であり、地属性・ドラゴン族・レベル2・低ステータスと蘇生手段は冗談抜きで山のように存在する為、何度も使いまわしてやろう。
 《神龍−サルベージ・ドラゴン》同様、シンクロ召喚軸の【神龍】ならば是非とも複数枚積んでおきたい。

  • 《王宮の鉄壁》が適用されていれば自己再生効果を使用してもゲームから除外されない。
    《ボルト・ヘッジホッグ》と相性が良いようにも思えるが、シンクロ神龍は実質的に神龍同士でしかシンクロできないため、抜群と言うほどのシナジーはない。
    もしもシンクロ神龍の非チューナーに神龍が指定されていなければ、《レベル・スティーラー》と絡めて手軽に《極光神龍》?が呼べたのだが。
  • しかしながら別のチューナーモンスターを用意するのであれば、召喚権を消費せずに非チューナーを場に用意できるのは大きい。
    《異次元の一角戦士》の召喚条件を満たしたり、効果で除外されたこのカードを帰還する事もできる。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 859
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 5

edit