《ドローブースター》


《ドローブースター/Draw Booster》

永続魔法
自分フィールド上のモンスターが相手ターンに
戦闘で破壊される度に、自分はカードを1枚ドローする。
相手フィールド上のモンスターが自分ターンに
戦闘で破壊される度に、相手はカードを1枚ドローする。

 決闘学園!シリーズで登場した永続魔法。
 モンスターが戦闘破壊される度に、カードをドローする強制効果を持つ。

 効果は、自分がドローするものと相手がドローするもの、大きく2つに分かれる。

 このカードを出しておけば、自分のモンスターが戦闘破壊された時にカードをドローできるため、相手モンスターの攻撃でカードアドバンテージを失うことがなくなる。
 ただし、このカードが場にあることは相手にも筒抜けであるため、相手がこちらの意図通りに攻撃してくれるとは限らない。
 場合によっては、相手の攻撃を抑制する役割を果たすこともあるだろう。

 逆に、こちらから仕掛けた戦闘で相手モンスターを破壊すると、相手にカードをドローさせてしまうことには注意が必要。
 だが、相手モンスターを戦闘破壊する必要のないデッキなら、このカードのデメリットは無視できる。

 また、相手のモンスターを無限に戦闘破壊できる方法を利用すれば、デッキ破壊による1ターンキルに繋げる事も可能。
 以下はその組み合わせの一例。

  1. 《ファルシオンβ》+《ブラック・ガーデン》+《強者の苦痛》
  2. レベル・種族を変更した《ゴヨウ・ガーディアン》+《拡散する波動》+《洗脳解除》
  3. レベル・種族を変更した《サボウ・ファイター》+《拡散する波動》
  • 上記の理由より、バーンデッキとの相性は比較的良い。
    しかし、能動的にカードをドローすることはできないため、短期決戦には向かない。
  • 自分フィールド上のモンスターは相手ターンに戦闘破壊されなければならないため、リクルーターの自爆特攻を繰り返して何枚もカードをドローすることはできない。
  • 決闘学園!シリーズにおいて―
    朝比奈翔子が使用。
    初登場は「朝比奈vs稲守」戦。
    朝比奈の壁モンスターが破壊される度に効果が発動し、合計4枚ものカードをドローした。

登場作品

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1922
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit