《ドラゴン・オブ・ブレイカー》


《ドラゴン・オブ・ブレイカー/Dragon of the Breaker》

効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻2400/守 100
自分フィールド上のドラゴン族モンスターが相手モンスターを破壊した時、
このカードを墓地から特殊召喚する。
各ターンのエンドフェイズ毎にフィールド上に表側表示で存在するカードを1枚破壊する。
「ドラゴン・オブ・ブレイカー」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 「DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で登場した水属性・ドラゴン族の上級モンスター。
 自身を特殊召喚する誘発即時効果とエンドフェイズ毎に破壊効果を発動する誘発効果、同名カードが存在できないルール効果を持つ。

 一つ目の効果は自身を特殊召喚する効果。
 「破壊」であれば手段は問わないので比較的簡単に特殊召喚できる。
 強制効果なのでタイミングを逃すことが無く、ダメージステップでも特殊召喚できるのでバトルフェイズの追撃にも使用できる。

 そして二つ目の効果は正にこのカードの名前を現していると言える。
 発動タイミングがエンドフェイズとやや遅いが相手ターンも含めて破壊効果を発揮し、表側表示であれば種類も一切関係無くノーコストなので毎ターンアドバンテージを奪える。
 しかし、この効果は強制効果であり、自分のカードも破壊対象範囲に入る。
 相手フィールドにセットされたカードしか存在しない場合、対象を選択できるとはいえ自分のカードにも牙を剥き、最終的にはこのカード自身が自滅する可能性もある。
 良くも悪くも『破壊者の龍』という名前通りの効果だろう。

 三つ目の効果は自身と同名カードが自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できないルール効果。  これが無ければ一つ目の誘発即時効果により一気にこのカードが三体並ぶので当然といえるだろう。

 総じて自分に牙を剥くリスクがあるものの使いこなせば圧倒的なアドバンテージを稼げるモンスターだろう。

  • 登場作品において―
    DINENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威の「風馬VS久我」において久我が使用。
    《Sp−アドバンス・リベンジャー!》?で墓地に送られ、自身の効果により蘇生を狙ったが、《Sp−ジャマー・ガイスト》?の効果で特殊召喚された「ガイストトークン」が戦闘破壊された事により除外された。
    しかし《Sp−D・D・リターン》の効果で帰還し、風馬の《混沌王の親衛隊》を破壊した。
    デュエル中、その低守備力が災いし風馬の《デーモン・カオス・キング》の効果で攻守を反転され大ダメージを受けた事もあったが、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の効果で蘇生され、デュエル終盤まで風馬のフィールドを荒らしまわった。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【ドラゴン族】

関連カード

  • 《邪龍アナンタ》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 799
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit