《セブンズ・クライム》


《セブンズ・クライム / Seven's Crime》

通常魔法
墓地に「E・HERO」または「E-HERO」と名のつくモンスターが7体以上存在している時に発動可能。
墓地のカード7枚を除外する事で、カードを3枚ドローする。

 POTDシリーズで登場したE・HEROとE−HERO用のドローカード。
 発動可能条件はE・HEROとE−HEROが墓地に七体以上存在する事だが、除外するカードは別にそれ以外のカードでも構わない。
 墓地のカードが多いデュエルの終盤は手札も不足してくるので三枚のドローというのは有り難い。
 ちなみにE−HEROが墓地にいなくてもE・HEROが七体以上、墓地に存在すれば発動そのものは可能である。
 序盤で引いてしまうと手札で腐ってしまう。

  • 登場作品において―
    POWER OF THE DUELISTで滝野理恵が使用。
    カードを三枚ドローして《ダーク・コーリング》を発動した。
  • 名前の由来
    名前の由来は「七つの大罪」である。
    キリスト教用語で人間を罪に導き可能性がある七つの感情や欲望の事。
    また、このカードに限らず、POTDシリーズでは「7」という数字が重要なファクターとして使用されている。

登場作品

POWER OF THE DUELIST -伝説を継ぐ者-

このカードを使用する代表的なデッキ

関連カード

  • 《終わりの始まり》
  • 《ホープ・オブ・フィフス》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1355
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 3

edit