Man / CODEC固有オプション / -x264encopts / partitions
2010-03-15 (月) 20:33:39更新
カテゴリ:x264:Macroblock

partitions=<list>

原文

Enable some optional macroblock types (default: p8x8,b8x8,i8x8,i4x4).

p8x8   Enable types p16x8, p8x16, p8x8.
p4x4   Enable types p8x4, p4x8, p4x4. p4x4 is recommended only with subq >= 5, and only at low resolutions.
b8x8   Enable types b16x8, b8x16, b8x8.
i8x8   Enable type i8x8. i8x8 has no effect unless 8x8dct is enabled.
i4x4   Enable type i4x4.
all    Enable all of the above types.
none   Disable all of the above types.

Regardless of this option, macroblock types p16x16, b16x16, and i16x16 are always enabled.
The idea is to find the type and size that best describe a certain area of the picture. For example, a global pan is better represented by 16x16 blocks, while small moving objects are better represented by smaller blocks.

訳文

オプショナルなマクロブロック・タイプの指定(default: p8x8,b8x8,i8x8,i4x4)

list適用タイプ備考
p8x8p16x8, p8x16, p8x8
p4x4p8x4, p4x8, p4x4p4x4推奨はsubq >= 5、かつ、低解像度の場合のみ。
b8x8b16x8, b8x16, b8x8.
i8x8i8x8i8x8 は 8x8dctと一緒に使わないと無意味。
i4x4i4x4.
all上記全て有効
none上記全て無効

このオプションの指定に関わらず、p16x16, b16x16, i16x16 は常に有効。
基本的な考え方としては、あるピクチャの中の特定箇所を一番ウマく扱えるタイプとサイズを見つけるためのもの。例えば、画面全体に渡るパンには 16x16が最適な一方、小さな動く物体にはもっと小さなブロックを使うほうが良い。


補足

【補足1】サブマクロブロック分類

一辺16はMPEG-1/2/4にまたがる原則で、一辺4・一辺8は"サブマクロブロック"、"マクロブロック・パーティション"などと呼ぶ事もある。4・8倍数のcropは間違い。

IPB
一辺4i4x4p4x4
一辺8i8x8p8x8b8x8
一辺16※i16x16※p16x16※b16x16

※オプションとしては存在しない。

【補足2】上記に伴い、以下のオプションは原文から抹消。

"obsoleted"での残留も見当たらない。ffmpegX版MEncoderの対応は0.0.9x版以降と思われる。

  1. (no)i4x4
  2. (no)i8x8
  3. (no)b8x8mv
  4. (no)8x8mv
  5. (no)4x4mv