Man / CODEC固有オプション / -x264encopts / cplx_blur
2010-03-15 (月) 19:20:57更新
カテゴリ:x264:x264-quantizer

cplx_blur=<0-999> (two pass only):Iが後続のPに近い画質になる事を保証

原文

Temporal blur of the estimated frame complexity, before curve compression (default: 20). Lower values allow the quantizer value to jump around more, higher values force it to vary more smoothly. cplx_blur ensures that each I-frame has quality comparable to the following P-frames, and ensures that al-ternating high and low complexity frames (e.g. low fps animation) do not waste bits on fluctuating quantizer.

・MEncoder dev-CVS-060314-20:27-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
・x264 core:45 svn-467

訳文

default=20

curve compression[※1]の前に、予測[※2]されたフレームの複雑さに時間軸ぼかしフィルタ[※3]をかける。
低い数値にすると、必要に応じてquantizer値は急激に変化する。
高い数値は急激な変化を許さず、なだらかな変化しか許さない。
cplx_blurはIフレームが後続のPフレームに近い画質になる事を保証する。 そして複雑なフレームと単純なフレームが交互にあっても〜例えばfpsの低いアニメーションなど〜、不安定なquantizerを適用してビットを無駄にしない。

[※1]:意味不明
[※2]:圧縮用語、または数学の用語である事に注意。
[※3]:映像を直接ボカすのではなく、適用するquantizer値を平均化する、という程の意味だろう


参考

MeGUI2.0ヘルプの「cplxblur name="Quantizer Fluctuation Reduction (Before)"」

QPのバラツキを抑止 (curve compressionの前に適用)
デフォ・推奨値とも20.0