Man / CODEC固有オプション / -x264encopts / (no)b_pyramid
2010-03-09 (火) 15:46:03更新
カテゴリ:x264:QT7互換性:Bフレーム

(no)b_pyramid:Bフレームを参照フレームに使う

原文

Allows B-frames to be used as references for predicting other frames.
For example, consider 3 consecutive B-frames: I0 B1 B2 B3 P4. Without this option, B-frames follow the same pattern as MPEG-[124]. So they are coded in the order I0 P4 B1 B2 B3, and all the B-frames are predicted from I0 and P4. With this option, they are coded as I0 P4 B2 B1 B3. B2 is the same as above, but B1 is predicted from I0 and B2, and B3 is predicted from B2 and P4. This usually results in slightly improved compression, at almost no speed cost. However, this is an experimental option: it is not fully tuned and may not always help. Requires bframes >= 2. Disadvantage: increases decoding delay to 2 frames.

・MEncoder dev-CVS-060314-20:27-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
・x264 core:45 svn-467

訳文

Bフレームを参照フレーム〜他のフレームが予測に使う〜に使うことを許可する。
例えば、連続したBフレームが3個あるとしよう

I0 B1 B2 B3 P4。

b_pyramidオプション抜きの場合、 BフレームはMPEG-1/2/4と同じパターンに従う。つまりこれらは

I0 P4 B1 B2 B3

の順番で符号化され、全てのBフレームは I0 とP4 をベースに予測される。
b_pyramidオプション有りの場合、これらは

I0 P4 B2 B1 B3 

の順番で符号化される。B2は上記と同じだが、B1は I0 と B2 を、B3 は B2 と P4 をベースに予測される。
この結果、速度低下抜きで圧縮率が僅かに向上する。
しかしながら、このオプションはまだ実験段階だ。:チューニングは未熟で必ずしも効果があるとは限らない。
オプションのbframes=<0-16>は2以上でなければならない。
デメリット:increases decoding delay to 2 frames.


参考