1981〜1990

松田真実

1990年5月12日、栃木・足利市で、市内のパチンコ店店員・松田さん(33)の長女・真実ちゃん(4)が、父親がパチンコをしている間に店の駐車場から行方不明となり、翌日、近くの渡良瀬川河川敷で遺体となって発見された。
松田さんは勤務先とは別のパチンコ店「ロッキー」に真実ちゃんを連れて行っていた。松田さんがパチンコに夢中になっているあいだ、真実ちゃんは駐車場で遊んでいた。18:30〜19:00ごろの間に駐車場に女児がいるのを従業員が目撃している。真実ちゃんはいなくなる直前、なぜか「友達が来る」と話していたという。
20:00ごろ、松田さんは真実ちゃんがいないことに気づき、21:45頃に足利署に届け出た。
13日午前、同市岩井町の渡良瀬川左岸の河川敷のアシの茂みで、女児の全裸遺体が見つかり、真実ちゃんであると判った。真実ちゃんは投げ捨てられたように、頭を下向きに倒れており、死因は首を絞められたことによる窒息死だった。
警察犬による捜査によると、真実ちゃんはパチンコ店脇の道路を東へ約4キロ進み、四つ角を右折して渡良瀬川の堤防石段を上がっていた。つまり、車で連れ去られたのではなく、徒歩か自転車で連れ去られていたことになる。真実ちゃんが1人で自発的に堤防に行き、そこで何者かに殺害されたことも考えられるが、4歳の子供が歩いていくには距離があることや、当日の20:00過ぎ、オートバイに乗った高校生が、自転車の荷台に女児を乗せた中年男とすれ違っており、この女児が真実ちゃんと酷似していることから自転車で連れ去られた可能性が高い。
その後、18日までに遺体発見現場から40メートル離れた川の中でスカートとサンダル片方が、30メートル南の草むらで赤い靴下片方、アシの茂みで下着上下が散らばって捨てられているのが見つかった。下着には精液が付着しており、これから犯人の血液型は「B型」とわかった。
1991年12月2日、DNAの結果、真実ちゃんの下着についていた精液と一致したことから市内の幼稚園バス運転手・菅家利和(45)が逮捕された。その後2000年に無期懲役が確定したがDNA鑑定の再検査により一致しないことが分かり無罪となった。
5つの事件が同一の犯の可能性がある北関東女児連続誘拐事件の被害者の会にも参加している母親のひとみさんは「5事件が同一犯の可能性がある中、何もせず答えを出さない警察の誠意のなさに納得がいかない」と批判している。

  • counter: 5359
  • today: 2
  • yesterday: 4
  • online: 2

最新の20件

2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-14 2014-09-24
  • 1990/05/12 松田真実(当時4歳、女)栃木県・足利市
2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04 2015-07-17 2015-06-21

今日の10件

  • counter: 5359
  • today: 2
  • yesterday: 4
  • online: 2