1981〜1990

長谷部有美

1984年11月17日栃木県足利市大久保町の幼稚園児・長谷部有美ちゃん(当時5歳)が、家族で出かけた足利市内のパチンコ店「大宇宙」から行方不明となった。
有美ちゃんは両親がパチンコをしているあいだ、店内や店の外で遊んでいたが、いつのまにか姿が見えなくなった。
両親がいないことに気づいたのは午後6時ごろで、店の周囲を探し回ったが見つからず、足利署に届け出た。

4日後の1984年11月21日4日後、有美ちゃんの通う幼稚園に、有美ちゃんと見られる女児と40〜50代ぐらいの男からの電話が入る。
電話を受けたのは園長で、1回目は午後4時過ぎで、女児の声で「せんせい・・・」と言っただけで切れた。
その3分後、再び電話が入り、女児は「せんせい、いま、こうせいびょういんにいる」と泣き声で訴え、続いて男が有美ちゃんの自宅の電話番号を聞いてきた。
午後4時21分頃、今度は有美ちゃんの自宅に電話が入る。
女児は「たすけてちょうだい」と、か細い声で話し、父親が所在を問うと「佐野のこうせいびょういん」と答えた。
通報を受けた足利署はすぐに佐野市の「佐野更生病院」、足利市の「更西病院」、
さらに群馬県桐生市、館林市の厚生病院に捜査員を急行させたが、有美ちゃんの姿はなく、捜査本部は後にこれをイタズラ電話と断定している。

2年後の1986年3月7日有美ちゃん宅から1.7kmほど離れた足利市大久保町の市立大久保小学校東側(現、毛野小学校)の畑で、飼い犬がさかんに土を掘ろうとするので、畑の所有者が掘ってみたところ、女児の衣類が見つかった。
1986年3月8日翌朝から捜査員がこの畑を発掘捜査してみると、他の衣類と子供の白骨死体が見つかり、これが有美ちゃんであることがわかった。

栃木県警は足利事件で逮捕した犯人を有美ちゃん事件などでも再逮捕したが、宇都宮地検が「犯行を立証する決め手がない」として不起訴処分とした。

2011年に5つの事件が同一の犯の可能性がある北関東女児連続誘拐事件の家族会参加に参加した有美ちゃんの父親の秀夫さんは「家族にとっては時効なんてない。警察には必ず白黒はっきりしてほしい」と訴えた。

  • counter: 5976
  • today: 2
  • yesterday: 13
  • online: 4

最新の20件

2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-14
  • 1986/03/08 長谷部有美(当時5歳、女)栃木県足利市大久保町
2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04 2015-07-17 2015-06-21

今日の10件

  • counter: 5976
  • today: 2
  • yesterday: 13
  • online: 4