JDevExtTool


(Oracle BPEL Process Manager 10.1.2.0.0時点の情報です)

JDeveloperには、他のツール/プログラムとの連携を助ける「外部ツール」という機能が提供されています。メニューの[ツール]>[外部ツール]で、外部ツールを設定できます。

外部ツールとしては、Windowsエクスプローラ、Webブラウザ、テキスト・エディタ、XMLエディタ、HTMLエディタなどが便利でしょう。外部ツールを一度設定しておけば、多様な方法で外部ツールを起動できます。

  • メニューの[ツール]から選択
  • ツール・バー内のボタンをクリック
  • 左上のナビゲータでノードを選択し右クリック
  • 中央のコード・エディタ内で右クリック

外部ツールの主な設定項目は、外部ツールの実行ファイル、引数で渡す情報 (ファイル・パスやディレクトリ・パスなど)です。

たとえば、Windowsエクスプローラであれば、次のように設定します。

実行ファイル:<システム・ドライブ>\<Windowsディレクトリ>\explorer.exe 引数:ファイル・ディレクトリ (${file.dir})

秀丸などのテキスト・エディタなら、次のように設定します。

引数:ファイル・パス (${file.path})

ExtTool.png

最新の20件

2007-02-17 2006-09-22 2005-11-25 2005-10-30 2005-10-29 2005-09-07 2005-08-22

  • counter: 1455
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1