BPELPMJVMHeapSize


(Oracle BPEL Process Manager 10.1.2.0.0時点の情報です)

物理メモリが少ないマシンでは、Oracle BPEL Process Managerの消費メモリを抑えたい場合があります。

「Oracle BPEL Process Manager for Developers」では、Oracle BPEL Process Managerは、単一のJVMプロセスであるStandalone OC4J上で動作します。JVMの起動オプションは、Oracle BPEL Process Managerの起動スクリプトである次のファイルに書かれています。

<BPELPM_Home>\integration\orabpel\bin\startorabpel.bat

デフォルトでは次のようになっており、JVMは600MB程度のメモリを消費します。

set MEM_ARGS=-Xms512m -Xmx512m -Xmn300m -XX:MaxPermSize=80m

最小ヒープ・サイズ (-Xms)、最大ヒープサイズ (-Xmx)をより小さい値にすることで、BPELサーバの消費メモリを抑えることができます。経験的に、300MB以下にはしない方がいいと思います。

ヒープ・サイズを小さくした場合、若い世代のサイズ (-Xmn) も適宜小さくする必要があります。これはチューニング・オプションの1つではありますが、とりあえずは、デフォルト値同様、全ヒープ・サイズの60%程度にしておけばいいでしょう。

set MEM_ARGS=-Xms400m -Xmx400m -Xmn250m -XX:MaxPermSize=80m

一方、物理メモリに余裕がある場合は、ヒープ・サイズをより大きくすることで、パフォーマンスが向上する場合もあります。

ヒープ・サイズに関しては、次のドキュメントも参照してください。

最新の20件

2007-02-17 2006-09-22 2005-11-25 2005-10-30 2005-10-29 2005-09-07 2005-08-22

  • counter: 1728
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1