BPELPMInEnglishMode


(Oracle BPEL Process Manager 10.1.2.0.0時点の情報です)

Oracle BPEL Process Managerのインストール にも書いたように、BPEL Process Managerはデータベース (デハイドレーション・ストア) を使用しますが、開発環境向けのインストール・タイプ「Oracle BPEL Process Manager for Developers」では、デフォルトではマルチ・バイト対応していないデータベースOracle Liteが構成されています。

Oracle BPEL Process Managerのインストール にも書いた手順で、Oracle Databsaeを使うよう構成を変更することが可能ですが、マシン・スペックやライセンスなどの理由でOracle Liteを使い続けたい場合もあるでしょう。

Oracle Liteを使い続けた場合、運用管理ツールであるBPEL Consoleで参照できる「ビジュアル・フロー」、「インスタンスの監査」、「インスタンスのデバッグ」などのメッセージが文字化けしてしまいます。これらの画面は、デハイドレーション・ストアに格納されているBPELプロセス・インスタンスの実行履歴情報を参照しているためです。

実は、この問題は、Oracle BPEL Process Managerを英語モードで起動することで解決します。

Oracle BPEL Process Managerの起動スクリプト <BPELPM_Home>\integration\orabpel\bin\startorabpel.bat (UNIXではstartorabpel.sh) を編集し、OPTS 環境変数に user.language プロパティを追加しましょう。

rem set OPTS=-Doracle.mdb.fastUndeploy=60 -Doc4j.userThreads=true %OB_JAVA_PROPERTIES%
set OPTS=-Doracle.mdb.fastUndeploy=60 -Doc4j.userThreads=true %OB_JAVA_PROPERTIES% -Duser.language=en

Oracle BPEL Process Managerを起動し、起動したコマンド・ラインに出力されるログ・メッセージや、「ビジュアル・フロー」、「インスタンスの監査」、「インスタンスのデバッグ」などのメッセージが英語になっていることを確認しましょう。

EnglishMode.png

最新の20件

2007-02-17 2006-09-22 2005-11-25 2005-10-30 2005-10-29 2005-09-07 2005-08-22

  • counter: 1526
  • today: 2
  • yesterday: 0
  • online: 1