BPELPMDefaultInput


(Oracle BPEL Process Manager 10.1.2.0.0時点の情報です)

Oracle BPEL Process Managerの運用管理ツールであるBPEL Consoleでは、次のような各種の作業を行うことができます。

  • Oracle BPEL Process Managerのサーバ構成
  • Oracle BPEL Process ManagerにデプロイしたBPELプロセスの管理
  • BPELプロセス・インスタンスの実行履歴の参照
  • BPELプロセスのテスト実行

このうち、BPEL開発者がよく使う機能は、BPELプロセスのテスト実行でしょう。Oracle BPEL Process Managerでは、BPELプロセスは、SOAP over HTTPのWebサービスとして公開されるので、Webサービス・クライアントを作成すれば、BPELプロセスのテストを行うことができます。

WSDLを指定してWebサービスのスタブを自動生成する機能は、多くの開発環境にありますし、JDeveloperにももちろん含まれています。とはいえ、BPELプロセスのテストをするためだけに、毎回スタブとクライアントを作成するのは、少し面倒ですね。

そこで、BPEL Consoleでは、BPELプロセスのテスト実行の機能を提供しています。テスト実行をするには、BPEL Consoleのトップ・ページ ([ダッシュボード] タブ) の [デプロイ済のBPELプロセス] から、テスト実行したいプロセスを選択します。

テスト実行ページでは、BPELプロセスのWSDLを基にして、適切なテキスト・フィールドをHTMLフォームが自動生成されています。次の画面の例は単純な例ですが、リクエスト・メッセージのXML要素が複雑にネストしたXMLである場合のも、BPEL Consoleは問題なく適切なフォームを生成してくれます。

DefaultInput1.png

HTMLフォームでテスト実行する際に、[デフォルトの入力として保存] オプションを選択しておけば、次回以降は、次のような、リクエスト・メッセージに含まれるXMLが自動生成されます。

HTMLフォームの多数のフィールドに入力するのが面倒な場合には、XMLデータをコピー&ペーストすることで、入力を簡略化できますね。

DefaultInput2.png

さらに、BPEL開発環境「Oracle BPEL Designer」で、テスト実行時のデフォルトのXMLデータを設定することもできます。これを設定しておけば、HTMLフォームで一度実行したり、毎回XMLデータをコピー&ペーストしたりしなくても、適切なXMLデータをデフォルトで生成するようにできます。

Oracle BPEL DesignerのBPEL編集エディタで、上部一番左のボタン [デプロイメント・ディスクリプタのプロパティ] ボタンをクリックします。[デプロイメント・ディスクリプタのプロパティ] ダイアログの [構成] タブで、defaultInputプロパティを新規作成し、その値としてXMLデータを設定します。

DefaultInput3.png

このXMLデータは、BPEL Consoleでいったんテスト実行することで生成するのが簡単でしょう。

この設定はデプロイメント・ディスクリプタ bpel.xml に格納されているはずですので、確認しておきましょう。XMLデータの可読性のため、[デプロイメント・ファイルにCDATASectionとして格納] オプションを有効にしておくといいでしょう。

<?xml version = '1.0' encoding = 'UTF-8'?>
<BPELSuitcase>
   <BPELProcess id="BPELProcess2" src="BPELProcess2.bpel">
      <partnerLinkBindings>
         <partnerLinkBinding name="client">
            <property name="wsdlLocation">BPELProcess2.wsdl</property>
         </partnerLinkBinding>
      </partnerLinkBindings>
      <configurations>
         <property name="defaultInput">
            <![CDATA[<BPELProcess2ProcessRequest 
 xmlns="http://xmlns.oracle.com/BPELProcess2">
 <input>オラクル</input>
</BPELProcess2ProcessRequest>]]>
         </property>
      </configurations>
   </BPELProcess>
</BPELSuitcase>

最新の20件

2007-02-17 2006-09-22 2005-11-25 2005-10-30 2005-10-29 2005-09-07 2005-08-22

  • counter: 1439
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1