コペルニクスの悲劇


コペルニクスの悲劇

C.E.70年2月5日、月面会議が予定されていた月面都市コペルニクスにて発生した爆弾テロ。
これによって参加予定だった地球側理事国代表者及び国連総長以下、国連首脳陣が死亡した。プラント側代表のシーゲル・クライン最高評議会議長は、移動中のシャトルの故障によって到着が遅れた為、辛うじて難を逃れた。

コメント

  • 地球側の代表が死んでプラント側の代表が生き残るというのはおかしい。コーディネイターのテロか
  • ↑シーゲル様の遅れは偶然かもしれないのでコーディネイターの仕業とも言えませんが? (Gの使徒)
  • ↑シーゲルの遅れを計算した上で地球側(ブルーコスモスとか)が仕掛けたテロの可能性もある。
  • ↑通常政府専用機って予備含めて2機以上用意するのが常識ですけどそれ全部同じタイミングでぶっ壊れるってどんだけザル整備よ -- 2019-02-04 (月) 23:37:57
  • ↑移動中のシャトルの故障、とあるんで、運行中に故障したんでしょ。それはそれで作為的な何かを感じるが -- 2019-11-26 (火) 12:58:19
  • 一族の仕業では -- 2020-06-21 (日) 21:35:34
  • 一族の仕業では -- 2020-06-21 (日) 22:06:37
  • そもそも会談には数日前、最低でも前日には現地入りするはずなのに当日ギリギリに行こうとしたプラント側がおかしい -- 2024-01-06 (土) 00:22:05

【コンテンツ】

  • 種サーチトップページ
  • 使用ルール

【大辞典MENU】
★テンプレート

最新の20件

2024-03-02 2024-02-13 2024-01-06
  • コペルニクスの悲劇
2023-12-26 2023-12-11 2023-10-09 2023-09-05 2023-07-18 2022-06-05 2022-06-02 2022-05-25 2022-03-12 2020-09-11 2020-07-24 2020-07-23 2019-11-19 2019-10-30 2019-10-20

今日の20件

  • counter: 4364
  • today: 2
  • yesterday: 9
  • online: 4