人物紹介 / 董旻


董旻

董卓の弟。「何進に仕えていた」ということから当時は洛陽にいたようで、
何進の弟・何苗を殺害する前には袁紹が主導した宦官誅殺作戦にも従っていた。
何苗殺害時には僚友・呉匡の力を借りているのだが、後に董卓が洛陽に到着すると呉匡を追い出して洛陽占拠のお膳立てをしている。
(この前後、劉焉に従って益州に逃げ込んだ呉匡の一族が呉班および呉懿であり、後の蜀に地味に影響を与えていると言えなくもない事件である)

董卓政権では洛陽占拠の功績から左将軍に任命され、董卓に最も近しい血縁者としてその片腕となった。
フレーバーテキストの記述では呂布との戦いで戦死したようにも取れるが、実際は捕縛されており、
董卓の罪に連座して他の一族ともども処刑されている。

コーエーの三國志シリーズではインパクトの強い顔グラを設定されていることから、一部では顔芸武将として知られている。
昔のシリーズではモブ武将の使い回し顔だった事からすると出世できたとみるべきだが。
またアーケード版天地を喰らう1など、一部の創作では董卓の影武者を務めていることもある
(もちろん兄弟だからと言って、史実で風貌が似ていたという根拠は特に見当たらない)。