カードリスト / Ver3.59 / LE / 033_袁紹


武将名えんしょう ほんしょ蒼天航路
袁紹 −本初−王欣太「蒼天航路」

名門袁家の出身で曹操とは旧知の仲。官渡決戦では王者の風格を表し、戦の道理を越えた大軍勢の大進軍をみせた。

「さあ天地開闢以来の大戦をゴロリと動かすぞ!」
コスト2.0
属性
兵種槍兵
能力武力7 知力6
特技募兵
計略漢の大号令範囲内の漢の武将の武力を上げる。ただし最大士気が下がる。
必要士気5
Illustration : 王欣太

R袁紹(Ver3.1)のコンパチ。
Ver3.59現在、唯一の漢軍LEである。

原作を知っているものならば、計略名は王者の進軍や大兵力の大爆進が相応しいと思うであろう蒼天袁紹。
イラストは単行本14巻の裏表紙のもの。序盤の漢王朝に仕えている時のイラストである。
計略が漢の大号令なのはここからきているのであろう。
この直後(15巻 その百七十)よりなぜか急激に太った姿になり、
それを見た曹操は「まがまがしい福々しさ」と称して怒りを露にする(後に「あれもまた一つの王のあり方」として評価を改める)。
直後の官渡の戦いでは、全軍が笛や太鼓に合わせて行進曲を歌い、本人は神輿の上に悠々と座るという、
凱旋パレードさながらの進軍で王者の風格を表した。
その様は裸で逃げてきた徐晃を呆れさせ、曹操の命で偵察に来た夏侯惇を「なぜ俺がこんな物を見なきゃならん!」と激昂させた。

裏書及び計略時 『さあ天地開闢(てんちかいびゃく)以来の大戦をゴロリと動かすぞ!』 は
曹操との決戦に向け黄河を渡る前、曹操の元から逃げてきた劉備の人気 (じんき) に心を焚きつけられた袁紹が
「全軍、その気を大河に向かって放つべし!」 と兵士たちを鼓舞し、心中でつぶやいたセリフ。(単行本13巻より)
ちなみにゲームでは 「天地開闢以来の “たいせん” 」と言っているが、原作中のルビは “おおいくさ” となっている。

撤退台詞『王道も戦も勝利も消え去った』並び攻城台詞の『これが天の心というものか』は
官渡の戦いにおいて兵糧庫である烏巣の陥落の報を受けて自らの敗北を悟りながらも、最後まで動じることはなく呟いた言葉。
『実に清々しい。王道も勝利も戦も消え去った……これが天の心というものか』(単行本16巻より)

Menu

最新の20件

2019-08-23 2019-08-22

今日の20件

  • counter: 22067
  • today: 2
  • yesterday: 0
  • online: 87