カードリスト / Ver3.0 / / 008_周泰


武将名しゅうたい ようへいなし
周泰 −幼平−孫策によって取り立てられた、叩き上げ武将のひとり。孫権と歳が近いこともあり、孫権の警護をつとめた。宣城で山賊に襲われたとき、負傷しながらも孫権を守った。そのときについた体中の無数の傷は武人の勲章として語り継がれた。

「この百ある傷の、ひとつひとつが俺の誇りよ!」
コスト2.0
属性
兵種槍兵
能力武力7 知力4
特技防柵
計略漢の意地自身の武力が大幅に上がる。ただし効果が終わると撤退する。
必要士気4
Illustration : 三好載克

Ver2.0xR周泰の互換。
「孫呉の守護神」「なんとかしてくれる人」「へやー」と数々の異名を持つ男。
大戦1の頃から能力・絵師・レアリティともにまったく変更が加えられていないのは、安定した性能の証。
最初からずっと中堅クラスを維持し続けている希有な一枚である。

計略は「へやー」の掛け声でおなじみの、自爆のリスクと引き換えに武力+11を得る超絶強化で、効果時間7c。
攻めで使うと時間切れのリスクと槍の鈍足が祟り相手に逃げられる危険があるが、守りでは非常に心強い計略。
速度上昇などの追加効果は全くないので、派手な計略が増えたVer3では武力+11とはいえいささか見劣りはあるが
単体強化としては比較的長めな効果時間であるうえ、知力依存がかなり大きいという特徴がある。
知力を増やすことにより、ただでさえ士気効率がよい計略がさらに伸び、攻めにも使えるようになるだろう。
地属性を生かしGC張昭の知略昇陣との組み合わせや、Ver3.5で復活した賢母コンボなど工夫の余地も大きい。
またVer3.5以降、英魂計略や魂の引継ぎなど、自爆計略と相性のいい計略が複数登場したのも小さからぬ追い風。

Ver3.0以降のスペックインフレの環境において、大戦1から変わらない能力の彼は時代に取り残されている感がある。
またVer3.59では呉の同コスト槍兵だけでも他に5枚あり、高武力から号令やため計略まで様々な武将が割拠している。
特に同じ武闘派としては、Ver3.5で登場し一時代を築いたR文鴦、Ver3.59で登場した柵持ち槍のC馬忠らがおり
比べてしまうと基本スペックの物足りなさが足を引っ張るが、Ver3.59_2現在使用率は100位以内と、そこそこの位置に居る。

防柵と超絶強化による防衛力は随一であり、守備的な戦略を基本とするデッキならば相性がよいので
他国の舞姫を中心としたデッキでも呉と混色にしてスカウトされることさえある、まさに鉄壁の守護神であろう。
ただし武力18とはいえ複数の騎馬から連突されればひとたまりもないので単騎で英傑号令を追い返すのは流石に厳しい。
複数部隊と乱戦させつつ味方からの援護がある状態がベストなのでちきんとフォローしてあげよう。

ただしVer3.59以降は各種再起系奥義が全般に弱体化されており、自爆のフォローがしづらくなった点は注意。

Menu

最新の20件

2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 90251
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 75