カードリスト / 第6弾 / 群雄 / 孟獲(七転八起)


武将名もうかく傲慢なる王者
孟獲「ワシは不死身だ!
 不死身ってのは最強ってことだ!」

たびたび蜀に反乱を起こした南蛮の王。勇ましく蜀軍に対して幾度も善戦したが、狭量であったため阿会喃や董荼那に裏切られてしまった。一部の伝承では、不死の術を使って諸葛亮を苦しめたといわれる。
コスト2.0
兵種象兵
能力武力5 知力3 征圧力3
官職武官
特技復活
将器復活減少 復活減少 復活減少
計略七転八起武力が上がる。さらに自身が復活するたびに武力が上がる。この効果は撤退しても継続する
必要士気6
Illustration : ごっさんCharacter Voice : 吉野裕行


pixivカードイラストコンテストから登場の南蛮王。

征圧力3に復活を持つとはいえ、コスト1.5かと見紛うかのような低スペック。
孟獲らしく回転率は良いものの、計略を使わないと足を引っ張ることになりやすい。
将器の主効果は第2弾の自分同様、3枠全て復活減少で実質固定となっている。
副効果や法具の法玉に復活減少をつけると最速16秒で復活できるようになる。
なお副効果の兵力上昇は撤退しにくくなるので、明確な使用目的がない場合はつけないほうが良いだろう。

計略「七転八起」は超絶強化。
基本効果は武力+3で、撤退しても効果は切れない。
そこから撤退するたびに武力+2が付与されていく。
効果時間は実質永続(知力3・最速で撃って試合終了まで継続する)(Ver.3.7.0B)

中盤までに計略を使い、撤退を繰り返して武力を上げるのが基本的な運用。
「唯我独尊」などの味方を斬る計略、復活時間を短縮できる「才媛の旋律」は必要士気も軽く相方として有力。
復活に加えて効果後に撤退確定の「西涼の乱」も効率よく育成できるので相性の良い計略の1つ。
育ちきってしまえば武力での排除は困難を極め、「蛮花の目覚め」の参照元にすることも可能。

遊軍は同勢力の貂蝉が好相性だが、効果時間中に撤退できない可能性もあることに注意。
濮陽興は効果時間が長く復活減少効果も大きいため、呉と組むならば選択肢に入るだろう。

登場バージョン

Ver.3.7.0A

修正履歴

Ver.3.7.0B 撤退するたびに上がる効果 武力上昇値減少 +3→+2

Menu

最新の20件

2022-10-05 2022-10-04

今日の20件

  • counter: 11726
  • today: 5
  • yesterday: 0
  • online: 14