カードリスト / 第5弾 / / 高翔


武将名こうしょう
高翔「いざとなったら翔んで逃げらぁ。
     ここは俺に任せときな!」

蜀の武将。漢中攻略戦で夏侯淵を破った後に陽安関を守備し、曹真・徐晃と戦った。関は破られたものの、粘りの戦によって劉備は漢中を獲得した。街亭の戦いでは列柳城の守備を務め、全軍撤退が命じられると、高翔は友軍の撤退を助けた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力1 征圧力2
官職武官
特技刻印
将器兵力上昇 速度上昇 迅速攻城
計略奮激戦法武力と兵力が上がる
必要士気3
Illustration : 米谷尚展Character Voice : 江越彬紀


蜀軍に新しく追加された1.5コスト武力型弓兵。

コスト比最大武力と征圧力2を持つが、代わりに知力はたったの1。
完全にエラッタ前の沙摩柯と同一スペック。
流石にそのまま同じスペックで出すわけにもいかなかったという事で刻印を持たされた事が公式生放送にて語られている。
将器は何故か接近戦向けばかりで弓兵との相性はあまり良いとは言えない。他に回しても問題ないだろう。

計略は通算5人目の「奮激戦法」。弓兵での所持者は本作では初となる。
武力+3に加えて兵力が6割回復する。知力が低い分連打が効くが、さすがに何度も撃てば士気が枯渇する為乱発に注意。

蜀の精強な槍兵部隊が高武力弓の援護を受けてラインを上げてくる強さは既に実証済み。
馮習の反省からこのスペックになったとの弁についてはうなずけないこともない。
とは言え知力1なのでダメージ計略はともかく中知力伏兵ですら即死圏内であり、刻印の存在は相応に重い。

ただ、高翔は馮習と違って1.5コストである点が悩み。
蜀の1.5コストは騎兵・槍兵が優秀である為、弓兵はどちらかというと計略を重視して採用される事が多い。
特に黄月英(二人三脚)や華装王悦、デッキによっては二種の馬謖や李恢はかなり意識すべき相手。
その中で完全にスペック要員に特化してしまっている高翔を採用するのは苦しいのが実情。
それどころかVer.3.0.0Dにおいて何と沙摩柯に攻城が追加されてしまい、元々苦しかった独自性も怪しくなる始末。
純粋に武力が高い馮習が優先される2コストとはまた事情が異なる。

ちなみに、既存の同兵種同武力の知力を下げて刻印を持たされているのは彼と胡烈くらい。
その胡烈も2特技を持たされている事を考えると、もう少しスペックを盛られたりいい将器を持たされてもよかったのではなかろうか…。

登場バージョン

Ver.3.0.0A

Menu

最新の20件

2020-09-29 2020-09-28 2020-09-27 2020-09-26

今日の20件

  • counter: 15460
  • today: 7
  • yesterday: 16
  • online: 51