カードリスト / 第3弾 / / 毋丘倹


武将名かんきゅうけん ちゅうきょう叛旗の旗手
毋丘倹 仲恭「不届きな逆賊に
 裁きの鉄槌を下してくれる!」

魏に仕え、各州の統治を歴任した。公孫淵が魏に反旗を翻すと当初は苦戦を強いられたが、司馬懿の指揮下で撃破に成功。その後、高句麗まで支配を広げた。しかし司馬一族が権勢を握ると立場に不安を覚え、文欽と共に反乱を起こした。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器遠弓術 突破術 募兵
計略知将への反乱戦場にいる最も知力の高い味方が撤退し、自身の武力が上がる。この効果は撤退した武将の知力が高いほど大きい
必要士気4
Illustration : kakotomiraiCharacter Voice : 伊原正明


司馬一族に反乱を起こしたのに何故か晋で参戦してしまった毋丘倹。

スペックはバランス型で特別秀でたところは無いが、晋の1.5コスト弓では唯一の防柵持ち。
将器は遠弓術か募兵が無難だろう。

計略「知将への反乱」は反逆の狼煙に似た生贄を使う強化。
戦場内の最も知力の高い味方を撤退させ、その味方の知力に合わせて武力が上昇する。
武力上昇値は撤退させた武将の知力+2(Ver.2.5.1D、計算式は要検証)。
ただし厳密には違うようで、極端な高知力ot低知力だと+-1程度の変動が見られる。
効果時間は8.3c、知力依存0.4c(Ver2.5.1D)

「反逆の狼煙」と違い、デッキ構築時点で斬る相手をある程度指定できるのが強み。
また将器や計略による知力上昇も換算される。
晋軍では知力上昇を持つ陳寿や王粛と言った低コスト高知力武将もいる為、その点では相性が良い。
とは言え1部隊減る事には変わりない為、基本的には咄嗟の守りで使うような計略。
また斬る相手の勢力は問わない為、混色にしてしまうのもありだろう。

一方で武力上昇値まで斬る相手の知力に依存する点は難儀。
撤退リスクを考えると最低でも武力+9程度は欲しいが、そのために必要な知力は8。
自然に条件を満たすことは稀で、基本的には予め「斬られ役」として用意した武将以外を対象にしづらい。
ちなみに、知力は将器で+3される上に、一部の計略では、戦闘に直接関係ないからか、すさまじい知力上昇を持つ計略もある。
比較的実践的、低士気で武力25以上を作れるカードと言うポテンシャルがある。

味方を犠牲にする計略の中での融通の利かなさはトップクラスと言っていいだろう。
また最大知力であれば武力やコストを一切問わず斬ってしまう為、誤爆してしまうと悲惨な事になる。
晋軍は主力武将や号令持ちが高知力に偏り気味である為なおさらである。

単に低武力高知力を入れるだけでは、計略が強力になってもデッキパワーが落ちてしまうジレンマがある。
更にその斬る相手を戦闘中に都合よく準備できるか、ダメ計持ちを斬って相手の低知力が暴れないかなど、
割と繊細なデッキ構築が必要になってくる。それらの点を考慮したデッキを作れる、玄人向けの武将。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 撤退させた部隊の知力に応じた武力上昇値増加
Ver.2.1.0C 効果時間延長 6.7c→7.5c
Ver.2.5.1B 効果時間延長 7.5c→8.3c
Ver.2.5.1D 武力上昇値増加

Menu

最新の20件

2019-11-18 2019-11-17 2019-11-16 2019-11-15

今日の20件

  • counter: 29071
  • today: 18
  • yesterday: 24
  • online: 73