カードリスト / 第3弾 / / 司馬師


武将名しばし しげん沈毅の機才
司馬師 子元「この手で結末を定めよう。
    司馬仲達の後継者として」

司馬懿の長男で、司馬昭の兄。名声高く、上品な風貌で冷静な性格だったという。父と共に秘密裏に曹爽へのクーデターを画策し、洛陽を征圧した。父から実権を受け継ぐと、皇帝を廃位させるなど、苛烈な姿勢で司馬一族の体制を強化していった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力5 知力8 征圧力2
官職武官
特技魅力 攻城 覚醒
将器兵力上昇 長槍術 攻城術
計略熾烈なる革命晋の味方の武力が上がる。さらに覚醒レベルが2以上の場合、岐略が使用できる。
【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
緋略>さらに兵力が回復する
蒼略>さらに武力が上がり、兵力が減少する
必要士気7
Illustration : 黒葉.KCharacter Voice : 杉田智和


旧作以来の登場となる司馬懿の息子。何気に大戦初のSRとしての登場となる。
撤退台詞など、やや中二病っぽいのだが、これはキャラ付けではなく史実での彼の死因がモチーフであり、
誇張抜きで目玉が飛び出してそれが死因となっている。
(左目の瘤の切除手術から間もなく毋丘倹の反乱が発生。手術の傷口が癒えぬまま出陣した為に傷口が破れてしまったのがその原因である)。

スペックは覚醒前提である為か知力8はともかく武力はコスト2にして僅か5。
前線を張る槍としては嬉しい攻城と、重い士気消費をフォローする魅力持ちだが一方で弟のように伏兵は無い。
序盤を凌ぐのには割と向かない性能である為、なるべく他の部隊でフォローを入れたいところ。
将器はどれも槍兵との相性は良いのだが、序盤を凌ぐなら兵力上昇、終盤で畳みかけるなら攻城術が良いか。

計略「熾烈なる革命」は岐略の一種。覚醒持ちである為岐略化するのは覚醒レベル2から。
基本上昇値は武力+5、効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)。

消費士気が重い上にそのまま使うと武力+5しかない為、費用対効果は低い。
だが弟と比べて使うのが推奨できない、程度のレベルであり、打つ手がないのであれば使うことを検討できる威力はある。
成す術なく落城するくらいならこの計略を撃った方がいい場面もあるので、いきなり選択肢から除外しない方がよいだろう。

緋略は武力上昇値は変わらないが、これに70%の兵力回復が付いてくる。
回復効果の付いた武力上昇号令は言うまでもなく優秀。城際攻防で回復で押し込めば詰みにも持ち込みやすい。
とは言え士気7は決して軽くなく、覚醒ゲージを溜めるにも割と士気を喰う為無計画な使用は厳禁。

蒼略は更に武力が+4されるが、代わりに兵力が30%減少してしまう。
単純に武力+9を押し付けると言う点ではこちらも優秀な部類だが、兵力減少は割と痛いデメリット。
晋軍は全体回復が無く(単体回復はある)、号令を含めてもあろう事か自身しか全体回復はできない為、
単純に使用すると減った兵力に合わせてダメージ計略で狙い撃ち…もありうる。
増援の法と組み合わせる等してデメリットを抑えたいところ。

ちなみに、本作では弟共々武官だったりするので一騎討ちに注意。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 緋略 兵力回復量減少 70%→55%
Ver.2.1.0A 緋略 兵力回復量増加 55%→60%
Ver.2.5.1B 効果時間延長 7.5c→7.9c
       緋略 兵力回復量増加 60%→70%

Menu

最新の20件

2019-11-16 2019-11-15 2019-11-14

今日の20件

  • counter: 43410
  • today: 19
  • yesterday: 37
  • online: 83