カードリスト / 第3弾 / / 左芬


武将名さふん らんし
左芬 蘭芝「しょ、勝利を祝う歌・・・・・・
       よ、読みますね」

司馬炎の側室。吃音持ちだったが、詩才や文才に優れ、妻としてよりも一人の文人として司馬炎に愛された。即位や葬儀など、たびたび祝辞や弔辞を任せられたという。その文章は極めて美しく、後に文集にまとめられた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力5 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器復活減少 防柵強化 士気上昇
計略加醒の身代わり撤退中の最も武力の高い味方が復活し、自軍の覚醒ゲージが上がる。ただし自身は撤退する
必要士気4
Illustration : クロサワテツCharacter Voice : 上田麗奈


司馬炎の側室二人目が参戦。ちなみに本来は「芬」ではなく「棻」。(読みは同じ)
「吃音持ち」の再現かおどおどした台詞回しが特徴的だが、割とグレーな領域に踏み込んでいる気がしなくもない。

スペックは文人らしく武力は1しかない。
代わりに征圧力は2・防柵魅力持ちと、1コスト騎馬としては武力1以外は申し分ない性能。
将器は撤退が多くなりやすい1コストの上に身代わり持ちである為、復活減少が優秀。
また、Ver.2.5.1E現在でも晋の1コスト騎兵では唯一の素の征圧力2なので戦闘に参加させにくくても征圧で働ける選択肢も。

計略は自分を犠牲にして、撤退している最高武力の味方を復活させるもので、覚醒ゲージも上がる。
3コストの司馬懿(狼顧)が有力候補となるが、騎兵なので自力で逃げ帰れる、覚醒ゲージに関係ない…とイマイチ噛み合わない。
2.5コストになってしまうが、文鴦か狼主の司馬懿の方が向いてはいる。
復活させる味方の所属を問わないので、最大士気を気にしなければどこの所属にも出張できる。
とは言えやはり覚醒ゲージ上昇効果もある事を考えると単独出張は厳しいか。

Ver2.1.0A時点で兵力最大値で復活する。
(「最大値」とは100%を超えた将器分の増加も回復し、忠誠の舞中ならば200%で復活する)。
一方で武力1の騎馬が前に出ると撤退のリスクが非常に高い。いざ復活させるべき時に左芬が撤退していては採用した意味がない。
かと言ってリスクを避けて左芬を後ろに下げてしまうと、その間は歌でも詠んでいるかのごとく遊んでいるしかない。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

Menu

最新の20件

2019-11-12 2019-11-11

今日の20件

  • counter: 18819
  • today: 12
  • yesterday: 17
  • online: 76