カードリスト / 第2弾 / / 曹憲


武将名そうけん
曹憲「誰が一番かなんて、
    争うことないよね」

曹操の娘。妹の曹節、曹華と共に献帝に嫁ぐ。伏皇后が誅殺されると、翌年には妹の一人である曹節が立てられ皇后となった。曹憲は三姉妹の中で年長でありながら、皇后にはなれなかった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略長姉の秘策敵の武力を下げる。対象の敵が将器を覚醒している場合、さらに知力を下げる
必要士気4
Illustration : 北熊Character Voice : 上坂すみれ


曹操の娘三姉妹の長女。

武力知力征圧力三つの値が揃って2。魅力も持っており、コスト1弓兵としては無難な能力。
征圧力上昇の将器を覚醒させると征圧力3と高めになるが、兵種が弓兵なので活かしきれない事が多い。

計略は範囲内の敵の武力-3下げる妨害計略。将器を覚醒している相手だと更に知力-8が追加される。(Ver.2.1.0D)
似たような効果を持つ陳宮(奸智)との違いは、単体か範囲内全員か、知力低下か移動速度低下かの違いがある。
詳しい効果時間は下記表参照。
本人の知力が低い所為か妨害にしては珍しく知力依存が低く、将器なしで知力3相手に約15秒(約6c)、知力9相手に約12秒(約4.5c)と大きく違いはでない。
逆に知力上昇将器を覚醒させても1〜2秒伸びる程度なので、無理に選ぶ必要はない。範囲は縦5.5マスと広範囲。

しかし武力低下なら武力-4の弱体化の小計を持つ郭氏が、知力低下なら知力-10の愚鈍の計を持つ鍾繇が同じコスト1帯に存在しており、
二人とも曹憲より高い知力を持ちながら知力上昇将器も持つ。更に陳宮(奸智)含め三人とも騎兵である為相手を逃さずに計略範囲に入れやすいという利点もある。
範囲が狭く制限もあるが、武力と知力と更に移動速度も下げる離間の計を持つ賈詡の存在も忘れてはいけない。彼も騎兵である。
必要士気が1高くなるが同等の範囲で弱体化の計を持つ丁夫人もライバルとなる。騎兵ではないが同じ魅力持ち武力2弓兵で伏兵も持ち、素の知力も高めである。
そのため彼女を採用するからには"武力と知力を同時に低下できる必要士気が軽い計略"という利点を最大限に活かす必要がある。

号令係が将器を覚醒していると知力低下による号令時間短縮を狙えて、広範囲で尚且つ対象が範囲内全員なのでサブ号令持ちや超絶強化への牽制も兼ね、スペック要員が将器を覚醒しても、知力低下からの水計等のダメージ計略で撤退しやすくなる。
大体は誰が将器を覚醒しても知力低下の影響を及ぼせる。武力も低下させるので相手も無士気では対応しづらい。中々嫌らしい計略。
此方も相手がどの武将の将器を発動させても良いように、デッキ構築を考える必要はある。

武力と知力を士気4で同時に低下できる彼女の計略は優秀な部類には入るだろうが、やはり魏国内ではライバルが多過ぎる。
相手の将器の選択を狭めるという事は、逆に相手の将器選択でこの計略の生き死にが左右されるという事になり、相手デッキへの依存度が高いのが欠点の一つ。
また、知力上昇将器があり計略の依存も低いとは言え、本人の素知力が2で妨害持ちなのに妨害に弱いという点も採用を遠ざける理由になっている。

必要士気の軽さを利点として混色構成にしても良いが、その場合は同じ必要士気4で武力知力同時低下の計略を持つ、呉の趙夫人がライバルになる。
武力低下量・知力低下量・範囲共にこちらの方が優れているが、あちらは将器の所持に左右されず常に同時低下を狙える利点を持つ。
将器に左右されないという点で、ダメージ計略前提のコンボを目的とした混色デッキなら趙夫人の方が有力候補かもしれない。
魏との二色混成デッキの強みも活かし尚且つ武力知力同時低下も活かせるデッキを組むという難しい組み合わせが必要となる。

余談だが、相手に将器の概念がない義勇ロードや訓練等のCPU戦では勿論追加効果は発生しない。

自身の知力が2の時の効果時間

敵の知力12345678910
効果時間7.9c7.1c6.3c5.9c5.6c5.4c5.2c5.0c4.9c4.7c


自身の知力が5の時の効果時間

敵の知力12345678910
効果時間8.8c8.5c8.3c7.9c7.1c6.3c5.9c5.6c5.4c5.2c


登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 【効果対象が将器を覚醒している場合】知力低下値増加 -6→-8

Menu

最新の20件

2019-12-13 2019-12-12

今日の20件

  • counter: 25621
  • today: 13
  • yesterday: 22
  • online: 98