カードリスト / 第2弾 / / 留賛


武将名りゅうさん せいめい
留賛 正明「魂の雄叫び、
  戦場に轟かすぜえっ!!」

呉の武将。若い頃、黄巾賊と戦った際に負傷して足が不自由になったが、歴史書に書かれた英雄たちに感化され、筋を切ることで足を直した。戦の時には髪を振り乱して、叫びや歌で兵を鼓舞して戦い、必ず勝利したという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活
将器突撃術 復活減少 征圧力上昇
計略戦歌の神速行武力と移動速度が上がり、兵力が徐々に減少する。突撃が成功するたびに、さらに兵力が回復する
必要士気5
Illustration : チェロキーCharacter Voice : 武内駿輔


逸話が拡大解釈されてしまった結果、何故かパンクロッカーになってしまった留賛。
彼が活躍したのは西暦200年代ではなく西暦200X年だったようだ。

三枚目の呉の2コスト騎馬として登場。
復活の他に勇猛も持つが、代償として能力値は平凡より知力がやや低めで征圧力1。
高コストでは珍しい特技復活と将器復活減少を兼ね備えているが、高コスト騎兵なら生存はさせやすい為優先度は低め。
一応、復活2種を兼ね備えている最高武力の騎兵ではある。
将器は計略とマッチした突撃術が選択肢に上がる。

計略は武力+3、移動速度1.6倍。兵力が約1c毎に2%ずつ減り、突撃成功時に兵力が50%回復する。(Ver.2.0.1B)
効果時間は約17カウント(知力依存未検証)。
減少量が1c毎に2%と非常に少ない為、効果時間フルに続いてようやく34%程と、計略効果で撤退するリスクはほぼない。
自城内の回復速度よりも低いため、城内にいればきちんと回復できてしまう。
おまけに突撃一回だけで50%も回復する為、一回でも突撃すれば計略で減少する分は回収できてしまう。
ただし武力・移動速度共に増加量は控え目な為、長い効果時間を活かした戦い方が重要となる。
この時将器が突撃術であれば、最低限のダメージソースは確保できる為、計略を活かすなら是非覚醒したい。
呉の大半を占める、瞬間的な爆発力と引き換えに自爆する強化計略持ち達とは真逆のコンセプトを行く計略と言える。

仕様として、突撃状態中の騎兵に突撃した場合は先にダメージを受けてから兵力が回復する順となる。
このため、兵力がミリの状態で突撃し合うとダメージを受けて兵力が0になると回復せず撤退してしまう。
逆に兵力が十分残っていれば、例え白銀の獅子と突撃し合っても兵力回復効果によって無傷となる。

敵撃破では回復できないので乱戦は不利な行動となっており、法具連環などで足を止められ突撃ができない状況には弱い点にも注意。 また、必要士気も地味に重いので士気差にも注意しなければならない。
また、幾ら減少量が低いとはいえ兵力回復を目的に瀕死の状態から使って突撃できずに撤退しては元も子もない。
何より最大の欠点は、継戦能力が高い計略を復活持ちが持っているという噛み合いの悪さ。
特に復活将器を覚醒した場合は撤退前提の扱いでないと効果が薄く、計略の継戦能力を捨てなければならない。
計略の兵力減少効果や敵陣に単独で特攻し荒らした時のカバーともとれるが、突撃時の回復量がやたら高い事や元々生還率の高い高コスト騎兵と復活の相性の悪さもあり、どうしてもちぐはぐ感は拭えない。

先述したとおり、奇抜なイラストとは裏腹に呉の基本コンセプトとは間逆の安定性を重視し爆発力が低い性能になっている。
高コストには爆発力を求められる事が多く、同コスト帯騎兵にはおあつらえ向きな他武将が多い為、採用率は低い。
しかしながら突撃一回で兵力半分するので、復活持ちのくせに中々死なないという溢れる個性を持っている。
混色デッキなどで生存を求められた場合は声がかかるかもしれない。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0C 移動速度上昇値増加 1.4倍→1.5倍
Ver.1.1.0D 兵力減少間隔延長
Ver.1.2.0C 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.6倍
Ver.2.0.1B 突撃した時の兵力回復量増加 20%→50%

Menu

最新の20件

2020-07-15 2020-07-14 2020-07-13

今日の20件

  • counter: 48943
  • today: 15
  • yesterday: 21
  • online: 81