カードリスト / 第1弾 / / 馬岱


武将名ばたい
馬岱「君を打ち取る者は、ここにいるぞ!」

蜀の武将で、馬超の従弟。馬超と共に劉備軍に加わり、諸葛亮の手足となって活躍。また諸葛亮の遺命を受け、楊儀と敵対した魏延の監視を行った。魏延が「俺を殺せる者がおるか」と豪語すると、「ここにいるぞ」と言い放ち切り捨てたという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力5 征圧力0
官職武官
特技伏兵
将器兵力上昇 征圧力上昇 速度上昇
計略奮激戦法武力と兵力が上がる
必要士気3
Illustration : セツCharacter Voice : 祐仙勇


「ここにいるぞ!」の台詞で有名な馬超の従兄弟。
本作においても伏兵解除時に多少形を変えた形で採用されている。

スペックは武力が3あり、開幕有利になれる伏兵と解除後は逆に伏兵を掘りに行ける知力5とこの時点では優秀である。
但し知力5の伏兵はそこまで高威力ではない。牽制程度と捉えよう。
問題は征圧力0ということ。これが非常に痛く、コスト1騎兵としては征圧戦に参加出来ないのが辛い。
魏の楽進同様に将器の征圧力上昇でこの欠点をカバーすることができるので、征圧にも使いたい場合は将器覚醒枠を割くことになる。

計略「奮激戦法」は武力+3に加え、兵力が6割回復するもの。
騎兵の機動力を活かした粘り強さを活かしたり、攻城・守城時の後一押しを支えたりなど用途はなかなか多岐に渡る。
とは言え所詮コスト1武力3であり、計略使用後も武力6でしかない為過信は禁物である。

現状はやはり苦しい。
蜀は将器を回したい高コストが非常に多く、将器を覚醒させなければ征圧に参加できない彼に回す余裕が無い。
同じ1コスト騎兵に征圧力1の廖化がおり、揃って苦しい立場に立たされていたのだが、
廖化はエラッタで特技2個を得て、更にあろう事か計略も同じ「奮激戦法」に変更されこちらを脅かしてくる始末。
更に復刻武将として馬岱自身がライバルとして立ちはだかる事に…。

「ここにいるぞ」の主張も空しく木霊する、馬岱の明日はどっちだ。

コンパチブル武将

Ver.1.2.0D EX(LE)馬岱(復刻武将)

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.0.0D 兵力回復量増加 40%→60%

Menu

最新の20件

2019-09-19 2019-09-18 2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 23884
  • today: 4
  • yesterday: 8
  • online: 44