カードリスト / 第1弾 / / 馬岱


武将名ばたい
馬岱「君を打ち取る者は、ここにいるぞ!」

蜀の武将で、馬超の従弟。馬超と共に劉備軍に加わり、諸葛亮の手足となって活躍。また諸葛亮の遺命を受け、楊儀と敵対した魏延の監視を行った。魏延が「俺を殺せる者がおるか」と豪語すると、「ここにいるぞ」と言い放ち切り捨てたという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力5 征圧力0
官職武官
特技伏兵
将器兵力上昇 征圧力上昇 速度上昇
計略奮激戦法武力と兵力が上がる
必要士気3
Illustration : セツCharacter Voice : 祐仙勇


「ここにいるぞ!」の台詞で有名な馬超の従兄弟。
本作においても伏兵解除時に多少形を変えて採用されている。

スペックは武力が3あり、開幕有利になれる伏兵と解除後は逆に伏兵を掘りに行ける知力5とこの時点では優秀である。
もっとも知力5の伏兵はそこまで高威力ではない。牽制程度と捉えよう。
問題は征圧力0ということ。これが非常に痛く、1コスト騎兵としては征圧戦に参加出来ないのが辛い。
征圧力上昇将器がある為、この欠点をカバーする事ができる。征圧戦にも使いたい場合は将器覚醒枠を割くことになる。

計略は汎用の「奮激戦法」。武力+3、兵力6割回復。
騎兵の機動力を活かした粘り強さを活かしたり、攻城・守城時の後一押しを支えたりなど用途はなかなか多岐に渡る。
とはいえ所詮1コスト武力3であり、計略使用後も武力6でしかない為過信は禁物である。

問題は蜀1コスト騎兵のライバルと比べ、どうにも地味な点。
武力4の若武者関平や独自計略持ちの三半諸葛瞻、素征圧力1の趙広に将器込みで征圧力2になる士仁といった面々が比較対象。
彼らと比較した場合、計略が奮激戦法と地味めなこともあり「伏兵である」以外の強みが無い。
住み分けは出来ているものの見劣りは否めず、上記のライバル達に遅れを取るのが現状。

また、通常排出の馬岱はレアリティがUCなので副将器は二つまで。
将器が征圧力上昇固定でレアリティの関係上副将器が三つつく復刻馬岱に加え、将器を選べるうえ副将器が揃い確定の横山馬岱が追加。
仮に馬岱がエラッタされれば残り2枚も当然巻き込む為、ただでさえ遅れを取っているUC通常枠である彼の出番は危ぶまれている。

コンパチブル武将

Ver.1.2.0D EX(LE)馬岱(復刻武将)
Ver.2.5.1C LE馬岱(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.0.0D 兵力回復量増加 40%→60%

Menu

最新の20件

2021-05-14 2021-05-13 2021-05-12 2021-05-11 2021-05-10

今日の20件

  • counter: 32478
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 45