カードリスト / 第1弾 / / 張松


武将名ちょうしょう えいねん
張松 永年「ぬふふ……
  悪巧みはたまりませぬなあ!」

益州の劉璋に仕える。風采の悪い小男であったが、記憶力が非常によく、自慢にしていた。曹操の元に赴いた際には、「孟徳新書」を丸暗記して披露した。荊州で劉備の厚遇に感動し、益州を劉備に渡す計画を立てるも露見し処刑された。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力5 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器地の利 速度上昇 同盟者
計略嘲笑の計最も武力の高い敵の征圧力を下げ、自身に向かってくるようにする
必要士気3
Illustration : RARE ENGINECharacter Voice : 島田岳洋


字の永年は三国志演義の物、正史では子喬とされる。

スペックはかなり低く、伏兵持ちだが知力が5しかない。
開幕のぶつかり合いが多少有利になるぐらいに捉えておいたほうがいいだろう。
しかしそのスペックもやむなしと思わせるのが彼の計略の恐ろしさ。くれぐれもうかつに撤退させないようにしよう。
彼が盤面にいるといないのとでは、特に騎兵へのプレッシャーは段違いである。

嘲笑の計は挑発計略の一種で、コスト1騎馬と挑発計略を持つには最適な張松に対して調整された挑発と言える。
挑発系計略の中では最も士気が軽いが、反面1人しか引っ張れず効果時間も短い。
範囲も相手に近づかないと範囲に入らないくらい自身に近い為より繊細な動きが求められる。
その狭さのため効果が単騎にしか及ばなくなったことがあまり気にならないが、騎馬を引っ張りたいのに敵の高武力槍が邪魔をするということもありうる。
ただ、挑発と違って敵の征圧力を低下させる効果があり、計略未使用での最高値である征圧力4でさえ征圧力0にすることができる。

騎馬挑発という独自性を活かし、敵騎馬を味方の高武力槍で迎撃したり逃げる敵を引き戻したり
自城に張り付いた敵をはがしたり逆に敵城に張り付いた味方から敵を引きはがしたりと、様々な場面での活躍が期待できる。
城ダメージで微差を争う展開になれば彼が切り札になることもあるだろう。

なお「嘲笑」の読みは「ちょうしょう」。本人の名前とかけた計略名だろうが、計略ボイスを聞くに嘲笑というよりは高笑いである。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

Menu

最新の20件

2019-08-25 2019-08-24 2019-08-23

今日の20件

  • counter: 24949
  • today: 19
  • yesterday: 10
  • online: 110