復活8期


メイ面の歴史
リセット2011/02/25 22時33分
更新開始2011/03/03 8時00分
更新終了
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【変更点】
・マップを東日本に、沿岸都市と海戦を導入しました。遠征距離は3です。
・基礎収入の年数を10年から20年に伸ばしました。
・城壁守備兵の強さを低下させました。
・兵種を調整しました。
・武力アタックの威力を若干上昇させました。

変更点補足
・沿岸都市の初期施設は航路(沿岸同士の移動が隣接していなくても可能)
・兵種追加:用心棒(要望のあった文官用援軍兵種の復活。活用される)
・強すぎるという批判の多かったミニエー銃兵の使用解禁が20年から30年に延長される
 他に解禁時期が30年のものは必要政治300で解禁時点で政治ランカーでも200強のカノン砲のみ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チキチキマシンと野球国、神聖アニメ連邦とフロシャイム川崎支部のラス4で準決勝。
11日に震災が起き三日間中断ののち再開し、先に野球がチキチキを滅亡させる。

●【滅亡】[1869年08月]チキチキマシンは滅亡しました。(17日22時23分)

海戦のみで戦ったアニメと川崎は超長期化し、川崎が北海道のみになるものの
米売買の書で枯渇者はほとんど出ず、膠着。最後は野球がアニメ側で介入し、
決勝はアニメと野球になる。

●【宣戦布告】野球国よりフロシャイム川崎支部へ:[1941年1月]開戦(28日19時50分)
●【宣戦布告】フロシャイム川崎支部より野球国へ:[1940年7月]開戦(29日18時0分)
●【滅亡】[1940年10月]フロシャイム川崎支部は滅亡しました。(29日19時9分)
●【宣戦布告】野球国より神聖アニメ連邦へ:[1947年1月]開戦(29日19時53分)
●【宣戦布告】神聖アニメ連邦より野球国へ:[1947年1月]開戦(29日20時18分)

長期静観していた野球はアニメを人数で約20人上回り、
開戦時の人数はそれぞれ山梨が拠点のアニメは約75人、長野拠点の野球は約95人。
計略差は川崎遺臣を含めても70前後あり圧差だったが、両国とも領土が
充分にあり武官は先制がほぼ出ていたために人数差の方が強く利いた展開となった。

初日の一斉では山梨は落ちなかったものの、山梨周辺以外の都市は全て
野球領土となり、二日目夜の一斉で山梨も陥落。残った堀を制圧され、
決勝開戦から約一日でアニメは滅亡。今期は野球が勝利者となった。

●【支配】[1952年12月]野球国のみーあは山梨を支配しました。(31日20時0分)
●【支配】[1953年02月]野球国のまけいぬは福島を支配しました。(31日20時26分)
●【滅亡】[1953年02月]神聖アニメ連邦は滅亡しました。(31日20時26分)

[1953年02月]、野球が天下を統一。
終了時総人口、193人?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今期は震災に尽き、ゲームどころではなくなった人も多いと思われる。
これはやむを得ない。

仕様でいえば海戦の復活とマップの変更。
船兵種は統率系特化で亀甲船の兵種アタックの威力が尋常でないのもあり
兵種封印がよく使われた。
東日本マップに変更となり、川崎とアニメのように海戦だけで戦う国もでたが
戦いの選択肢として海戦ができたのはプラスだが、海戦のみでは
膠着しやすくもなった。

長期戦になったことでパラメータ300越えが続出したり、カノン砲の兵種アタックの
高さが発揮されたり、年数経過で強化された堀が意外に手ごわくなったりした。

普段は一部にしか使われないダブルカウンターも今期ではかなり頻繁に利用され、
二桁しか兵士がいなくても勝利が可能なために対策していないオフを相手に
猛威を振るった。

後半戦も米売買の書を使うことで残り領土が1国になっても、ほぼ枯渇を防げるため
兵糧攻めの意味がほとんどなくなり、守備で計略を稼げるので劣勢側に人数が集まり
膠着してしまうことになり領土優位な側から不満も出たようである。
また相変わらず守備は枚数のみ表示で計略変更が守備有利のためカチカチ戦術によって
膠着する場面が多かった。

震災の影響で来期以降マップや海戦がどうなるか不明だが、やや粗があるがその分
普段あまり見られない戦闘ログが頻発した展開とともに、資産運用や船のバランスの面で
課題の残る期にもなったといえる。西日本に鯖があり、突然ではなく協議の上で中断・再開を
することができたのは面としては幸運だったといえるだろう。(〆)