llParticleSystem()

Top > llParticleSystem()

パーティクル(Particles)

引用:LSL Wiki 日本語訳より

パーティクルは、自由に浮遊したもの、objectではない(霊魂のようなもの)血、埃、爆発、火や火炎、ガス、煙、火花、噴霧、蒸気、滝、波、天気その他をシミュレートしバーチャル効果を発生させます。パーティクル生成は完全にクライアント側で、simの重さに影響しません。(もちろん、もしパーティクルの関数を高い頻度でアップデートすれば、他の関数と同様にSIMを重くするでしょうが。)クライアントが通常デフォルトで最大4096パーティクルを画像表示するために通常構成されているので(preferencesのsettings.iniで増加設定可能)ほとんどの状況において、パーティクルを最少数で発生させるように注意しなければなりません。例えば、1秒あたり1000のパーティクルを生成する10個のオブジェクトが、その付近の他のものが、それら自身の作るパーティクルシステムの使用を妨げるでしょう。


サンプルコード

利用方

湯気、煙を作る

  • 噴射速度をゆっくり(0.1〜0.05)
  • 上方に移動設定(同じく0.1ぐらい?)
  • 湯気っぽいテクスチャーが欲しい
  • 出力モードは爆発がそれっぽい
  • 風は流れるように
  • 私は光らせました。
  • オブジェクトにはついて回らないタイプへ

コメント