skeleton_bone_state_set()


Game Maker Language リファレンス > 組み込み関数 用途別 > 2D グラフィック機能 > Spineの制御と描画 > skeleton_bone_state_set()

skeleton_bone_state_set()

現在のアニメーションの指定のボーンに情報を設定します

構文

skeleton_bone_state_set(bone, map);
bone
情報を取得するボーン名 (文字列)
map
ボーン情報を格納する ds_map (事前の生成が必要)

戻り値

N/A
なし

取得したボーン情報の詳細

  • x: ローカル座標X (親のボーンからの相対座標X)
  • y: ローカル座標Y (親のボーンからの相対座標Y)
  • angle: ローカルの回転角度 (親のボーンからの相対の回転角度)
  • xscale: ローカルのスケールX値 (親のボーンからの相対のスケールX値)
  • yscale: ローカルのスケールY値 (親のボーンからの相対のスケールY値)
  • parent: 親のボーン名 (文字列)

注意点

ボーン情報の書き換えはアニメーションの計算確定後に発生する Animation Update イベントで行う必要があります。

また、skeleton_bone_state_get()で取得可能なワールド情報をこの関数で設定することはできません


var map = ds_map_create();
skeleton_bone_state_get("head", map);
var xx = ds_map_find_value(map, "worldX");
var yy = ds_map_find_value(map, "worldY");
var deltax = mouse_x - (x + xx);
var deltay = mouse_y - (y + yy);
var angle = arctan2(deltay, deltax);
var angle = point_direction(xx, yy, mouse_x, mouse_y);
ds_map_replace(map, "angle", -angle * 180 / pi);
skeleton_bone_state_set("head", map);
ds_map_clear(map);

上記コードは、ボーン名 "head" の情報を、生成した ds_map を使って情報を取得しています。 "worldX" / "worldY" からボーンのワールド座標と角度を取得し、マウスの向きとなる角度を計算して、その角度を Spineアニメに設定しています。

関連

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-04-04 2020-04-02 2020-04-01 2020-03-28 2020-03-27 2020-03-26 2020-03-25 2020-03-24 2020-03-23 2020-03-22

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 12
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 3