skeleton_attachment_create_colour()


Game Maker Language リファレンス > 組み込み関数 用途別 > 2D グラフィック機能 > Spineの制御と描画 > skeleton_attachment_create_colour()

skeleton_attachment_create_colour()

Spineスプライトを生成する際、アタッチメントスロットとアタッチメントを割り当てることができます。 これらは単に Spineアニメーションから分離された画像(スプライト)ですが、アタッチすることでアタッチされているボーンと一緒に移動します。

通常、これらのアタッチメントは Spineアニメーション に割り当てますが、この機能を使用すると、ゲームでの Spriteアセットを使用して、実行時に独自のアタッチメントを生成できます。この関数ではアタッチメントに名前(文字列)をつけ、次に使用する sprite_index と image_index 、および X/Yの原点(Spriteプロパティで定義されたものとは異なる場合があります)を設定する必要があります。 また、アタッチ時に画像を適用する変換を設定したり、画像にブレンドする色とそのアルファ値(透過度)を設定できます。 アタッチメントが正常に作成された場合は 1 を返し、そうでない場合(無効な Sprite を指定した、Spineスプライトでない Sprite を指定した場合)には -1 を返します。

アタッチメントスロットと同様に、インスタンススプライトにブレンドカラー (image_blend) とアルファ設定 (image_alpha) を含めることができ (skeleton_slot_colour_set() を参照)、これにより割り当てられたアタッチメントスプライトのスロットにおける最終的な描画値は、これらを複合した値となります。

構文

skeleton_attachment_create_colour(name, sprite, ind, xorigin, yorigin, xscale, yscale, rot, colour, alpha);
name
生成するアタッチ名 (文字列)
sprite
アタッチするスプライト番号 (sprite_index)
ind
アタッチするスプライトの "image_index" 番号
xorigin
画像の原点となるX座標
yorigin
画像の原点となるY座標
xscale
水平方向の拡大縮小値 (1 = 通常。0.5 = 半分のサイズ…など)
yscale
垂直方向の拡大縮小値 (1 = 通常。0.5 = 半分のサイズ…など)
rot
画像の回転角度 (0 = 通常。90 = 反時計回り90度…など)
Colour
色 (16進数の整数値)
Alpha
アルファ値 (0.0〜1.0)

戻り値

-1 or 1
1:成功 / -1:失敗

skeleton_attachment_create_colour("sword", spr_Weapons, 0, 0, 80, 1, 1, 90, c_red, 1);
skeleton_attachment_create_colour("knife", spr_Weapons, 1, 0, 45, 1, 1, 90, c_yellow, 1);
skeleton_attachment_create_colour("crossbow", spr_Weapons, 0, 10, 30, 1, 1, 0, c_white, 0.5);
skeleton_attachment_set("slot_leftHand", choose("sword", "knife", "crossbow"));

上記コードは "sword" / "knife" / "crossbow" のアタッチメントを生成し、それらのいずれかをランダムで「slot_leftHand」という名前のスロットにアタッチしています

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-06-28 2020-06-20 2020-05-27 2020-05-12 2020-05-10 2020-05-08 2020-05-07 2020-04-30 2020-04-28 2020-04-27

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 90
今日の訪問者: 3
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 1