physics_draw_debug()


Game Maker Language リファレンス > 組み込み関数 用途別 > 物理エンジン > physics_draw_debug()

physics_draw_debug()

GameMaker Studio 2で物理システムを作成する場合、インスタンスで実際に何が起こっているかを視覚的に表現することが重要な場合がよくあります。 これは、コードを実行しているインスタンスに関連付けられた物理プロパティの概略アウトラインを描画する physics_draw_debug() を使用して実現できます。 これがどのように見えるかの画像です:

physics_draw_debug_instance_image.png

これが機能するには、インスタンスの描画イベントにある必要があり、現在定義されている描画色を使用して描画されることに注意してください。

構文

physics_draw_debug()

戻り値

N/A
なし

draw_set_colour(c_red);
physics_draw_debug();

上記のコードは、そのインスタンスに関連付けられた物理プロパティの表現を赤で描画します。

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2021-01-23 2021-01-22 2021-01-21 2021-01-19 2021-01-18 2021-01-17 2021-01-16 2021-01-15 2021-01-14 2021-01-13

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 30
今日の訪問者: 2
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 2