object_set_visible()


リソース操作・オブジェクト

object_set_visible

指定のオブジェクトの描画フラグを設定します

構文

object_set_visible( index, vis );
index
変更するオブジェクトのインデックス番号
vis|描画フラグ(true=描画する false=描画しない)

戻り値

N/A
なし

詳細

この関数は指定のオブジェクト描画フラグを設定します。 これにより設定後のそのオブジェクトのインスタンスは、その描画フラグの設定が適用されます。 ただしそれ以前に生成済みのインスタンスには影響しません。 もしインスタンスに対して設定をする場合は、インスタンスが持つプロパティの"visible"に設定をします。

if !object_get_visible(obj_Block) object_set_visible(obj_Block, true);

上記コードは"obj_Block"が非表示であれば、描画フラグをtrueに設定します

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2019-11-16 2019-11-14 2019-09-27 2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 772
今日の訪問者: 2
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 1