ds_grid_value_y()


データ構造

ds_grid_value_y

指定のグリッドの矩形領域内から指定の値を検索し、そのY座標を返します

構文

ds_grid_value_y(index, x1, y1, x2, y2, val);
index
グリッドのインデックス番号
x1
左上座標(X)
y1
左上座標(Y)
x2
右下座標(X)
y2
右下座標(Y)
val
検索する値

戻り値

Real
見つかった値のY座標

説明

指定のグリッドの矩形領域内から値を検索し、そのY座標を取得することができます。指定した値が存在しない場合は「0」を返します。そのため事前にds_grid_value_exists()に存在チェックしたほうがよいでしょう(なおY座標はds_grid_value_x()で取得可能です)

if ds_grid_value_exists(grid, 0, 1, 5, 6, val)
{
  xpos = ds_grid_value_x(grid, 0, 1, 5, 6, val);
  ypos = ds_grid_value_y(grid, 0, 1, 5, 6, val);
}

上記コードはグリッドから変数"val"の値を検索し、その座標を変数"xpos"と"ypos"に格納しています

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-04-07 2020-04-04 2020-04-02 2020-04-01 2020-03-28 2020-03-27 2020-03-26 2020-03-25 2020-03-24 2020-03-23 2020-03-22

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 443
今日の訪問者: 2
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 3