clickable_add_ext()


HTML5

clickable_add_ext

クリック可能なDOMアイコンを拡大縮小とアルファ値指定で生成します

構文

clickable_add_ext(x, y, tpe, url, target, params, scale, alpha);
x
左上座標(X)
y
左上座標(Y)
tpe
使用するテクスチャページ(sprite_get_tpe()を使用してください)
url
リンクするURL文字列。またはスクリプト
target
ターゲット
params
パラメータ
scale
スケール値(デフォルト1)
alpha
アルファ値(デフォルト1)

戻り値

Real
アイコンID

この関数を使うことで、クリック可能なカスタムアイコンを作成することができます。戻り値として、このアイコンを参照する関数で使用可能なIDを返します。ボタンクリック時にポップアップウィンドウを作成するブラウザを防ぐのに非常に便利です。

この関数は基本的にclickable_add()と同じですが、スケール値とアルファ値を指定可能です。例えばスケール値に0.5を指定すると半分となり2を指定すると2倍の大きさとなります。アルファ値に1を指定すると完全に不透明で、0を指定すると完全に透明となります。

"url"引数にスクリプトを指定した場合、gmcallback_*という関数名となり、難読化されないことに注意します

home_but = clickable_add_ext(32, 32, sprite_get_tpe(spr_MS_Home, 0), "http://macsweeney_games.com", "_blank", "width=700, height=500, menubar=0, toolbar=0, scrollbars=0", 2, 1);

上記コードは、クリック可能なアイコンを(32, 32)の座標に配置します。サイズを2倍にしています

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2020-09-28 2020-09-25 2020-09-24 2020-09-23 2020-09-21 2020-09-20

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 618
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 2