achievement_send_challenge()


ソーシャルゲーミング

achievement_send_challenge

指定のプレイヤーのチャレンジデータを送信します

構文

achievement_send_challenge(playerid, challengeid, score, type, message)
playerid
チャレンジするプレイヤーのユニークID
challengeid
ユニークなチャレンジID(各プロバイダのダッシュボードで指定したもの)
score
スコア
type
チャレンジの種別。2つのうちの1つを指定(詳細は下記)
message
チャレンジにアタッチするメッセージ

戻り値

N/A
なし

説明

この関数は指定のプレイヤーにネットワーク経由でのチャレンジを送信します。プレイヤーIDは、achievement_load_friends()achievement_load_leaderboard()で取得可能です。またチャレンジIDはiTunes ConnectまたはGoogleのダッシュボードでチャレンジを作成した際に割り当てられたIDを使用します。 その他、スコア、ショートテキストメッセージ、チャレンジの種別を指定することが必要です。チャレンジ種別の定数は以下のいずれかとなります

  • achievement_type_score_challenge - スコア値に基づくチャレンジ
  • achievement_type_achievement_challenge - アチーブメントに基づくチャレンジ

この関数は、チャレンジを受信するプレイヤーのためのソーシャル非同期イベントのコールバックをトリガします。 これにより変数"async_load"にds_mapで値が格納されます。このds_mapの"id"キーは他の非同期コールバックと識別するために、定数"achievement_challenge_received"と一致する必要があります。ds_mapの詳細な説明は以下のとおりです

注意:ユーザは、受信したチャレンジに対する toast通知を受け取ることができますが、これは関数achievement_show_challenge_notifications()を使用して選択した値に依存します。

  • "id" - この関数は定数"achievement_leaderboard_info"でなければなりません
  • "playerid" - チャレンジのプレイヤーID
  • "issuerid" - チャレンジの発行者ID
  • "state" - チャレンジ状態。0:無効 1:保留 2:達成 3:減少
  • "message" - チャレンジのメッセージテキスト
  • "completeddate" - チャレンジ達成日
  • "issueddate" - チャレンジ発行日
  • "type" - チャレンジ種別。以下の2つの定数のどちらか
    • achievement_type_score_challenge - スコア値に基づいたチャレンジ
    • achievement_type_achievement_challenge - アチーブメントに基づいたチャレンジ
  • "identifier" - プロバイダのダッシュボードで設定したチャレンジの識別子
  • "score" - チャレンジのスコア

ネットワーク経由でチャレンジを送信するには、このコードとなります

achievement_send_challenge(global.playerid[0], global.challengeid[0], score, achievement_type_score_challenge, "Beat that sucker!");

このリクエストにより、プレイヤーのチャレンジのためにソーシャル非同期イベントをトリガします

var ident = ds_map_find_value(async_load, "id");
if ident == achievement_challenge_received
{
  player_id = ds_map_find_value(async_load, "playerid");
  issuer_id = ds_map_find_value(async_load, "issuerid");
  state = ds_map_find_value(async_load, "state");
  message = ds_map_find_value(async_load, "message");
  date_completed = ds_map_find_value(async_load, "completeddate");
  date_issued = ds_map_find_value(async_load, "issueddate");
  ach_type = ds_map_find_value(async_load, "type");
  ach_ident = ds_map_find_value(async_load, "identifier");
  ach_score = ds_map_find_value(async_load, "score");
}

上記コードにより、ソーシャル非同期イベントで返されたds_mapの"id"キーをチェックして定数と一致した場合、受け取った値を変数に格納します

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2019-11-16 2019-11-14 2019-09-27 2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 555
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 0
閲覧者: 2