JDevExtension


(Oracle BPEL Process Manager 10.1.2.0.0時点の情報です)

Oracle BPEL DesignerとOracle JDeveloperの関係 に書いたように、BPEL DesignerはJDeveloperの拡張機能ですので、BPEL開発時に使うツールの実体はJDeveloperになります。もちろん、JDeveloper自体が持つ多くの機能 (Java開発、TopLink?によるO/Rマッピング、JSPビジュアル編集、Strutsページフローのビジュアル編集、EJB開発、Webサービス開発、Webサービス・クライアント開発、UMLモデリング、PL/SQL開発など) をそのまま使うことができます。

また、BPEL Designer以外のJDeveloper拡張機能を追加することもできます。BPEL Designer 10.1.2に対応するJDeveloperのバージョンの10.1.2なので、JDeveloper 10.1.2に対応した拡張機能なら動作するはずです。

メニューの[ヘルプ]>[更新の確認]で、一部の拡張機能を追加できます。この操作には、OTN Japanのアカウントが必要となります。

また、米国のOTNからも、JDeveloper拡張機能をダウンロード可能です。JALOPY、PMD、([更新の確認]からもダウンロードできる) Native to ASCIIあたりがお奨めです。

最新の20件

2007-02-17 2006-09-22 2005-11-25 2005-10-30 2005-10-29 2005-09-07 2005-08-22

  • counter: 1257
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1