人物紹介 / 郭シ


郭汜

董卓配下の猛将。李傕とは幼馴染とされる。
あまり実力者のイメージがない彼だが、実は非常に珍しい「正史に一騎打ちの記述がある」人物であり、しかもその相手がなんと呂布
董卓を倒した王允・呂布らに反攻を仕掛けた際、呂布に一騎打ちを挑まれこれを受けたと言われている。
この時は引き分けたとも敗走したとも言われているが、あの呂布からの挑戦を拒まず、しかも直接刃を交えて生き延びているだけでも大した物だと言える。

一度は都を牛耳るもまともに政治をせず略奪に走り、やがて李傕と仲間割れを起こし没落したことはカード裏の通りだが、
この仲間割れの原因が李傕の館に通い詰めていたため妻に嫉妬されたことだという。
李傕とデキているのではないかに愛人を与えられたのではないかと疑われたとのことだが、仮にも天下人の座にあった男がそこから全てを失うのだから女の嫉妬は恐ろしい。
あまりにあまりな経緯であるためか、演義では二人を倒し献帝を救わんとした楊彪が郭汜の妻を利用した、ということになっている。

かつて呂布とも打ち合ったほどの剛勇はここでも発揮され、董承によれば李傕との戦いでは兵数百で数万の敵を撃退。
張済に和解を持ち掛けられるとその場は承諾し、董承らの官軍と共に献帝を洛陽まで護送しようとするが、途中で献帝を我がものとするべく李傕らを巻き込んで反逆。
その猛威で官軍を壊滅状態にまで至らしめるが再び献帝を擁することはできず、やがて長安を追われ、落ち延びる最中に部下に裏切られてその生涯を終えた。