カードリスト / Ver3.59 / LE / 028_曹操


武将名そうそう もうとく蒼天航路
曹操 −孟徳−

「乱世の奸雄」 と呼ばれる破格の英雄。晩年期にも自ら軍を率いて、孫権・劉備と激戦を繰り広げた。

「俺が人間であることを誰がやめさせると言うのか!?」
コスト3.0
属性
兵種騎兵
能力武力8 知力10
特技魅力 大軍
計略英知の大号令範囲内の魏の味方すべての武力が上がる。この効果はそれぞれの部隊の知力が高いほど大きい。
必要士気6
Illustration : 王欣太

SR曹操(Ver3.5)のコンパチである晩年の曹操。
夏侯惇に続く、同一作品から出た2枚目のLEでもある。

一騎討ち時の「感情をぶっ放さずして何の命だ!」は華佗の治療の後、荀攸に向かって言った台詞。
一騎討ち勝利時『ど童(わっぱ)め〜!!!!!!!!!!!』は濡須で孫権軍との戦の最中、
孫権がわざわざ甘寧に盗ませた曹操軍の名馬100頭をそっくり返還してきた際、孫権に向けたセリフ(単行本31巻)。
ちなみにしっかり!マークが11個ある。
撤退時の『おい、そろそろ死ぬぞ』は最終回直前、死期を悟った曹操が遺言状を書こうとした時のセリフ(単行本36巻より)。
フレーバーテキストの「俺が人間であることを誰がやめさせると言うのか!?」は、
濡須で孫権の書状を読んだ司馬懿の、なぜ玉座につこうとしないのか、という問いの答えから。

意外に新セリフも晩年のものばかりではなく、若い頃のものも混じっており、
攻城時の『この曹操孟徳の民とするぞ!』は青州黄巾党を配下に収めようとした時のセリフ(単行本7巻より)、
復活時の「蒼天に未だ我が道は見えず」は、頓丘の県令となった曹操が太平道に酔い痴れる民衆を見たときの台詞、
攻城時の「俺の戦いは至弱より始まり至強を倒すに至る」と
計略時の「曹操に天下を見るならば曹操のもとにおれ!」の二つは求心のほうのLEと同じものとなっている。
以上の四つが若い時のセリフで
どれも天を意識していたわかかりし日の曹操の代表的な台詞であるため蒼天ファンは少々違和感を感じるかもしれない。

尚、若い頃の自分自身とは担当声優が違うため、同じ台詞についても発音が微妙に違う。

Menu

最新の20件

2019-07-18 2019-07-17 2019-07-16

今日の20件

  • counter: 24517
  • today: 1
  • yesterday: 3
  • online: 54