カードリスト / Ver3.5 / / 054_審配


武将名しんはい せいなんなし
審配 −正南−袁紹の軍師。忠義の士と称される一方、後継問題で強引に末子袁尚を立て、内輪もめを起こすなど、独断専行型で計画性がないとも言われる。袁紹の死後、逃げていく味方の中で、たった一人城に残り、最後まで曹操と戦ったが捕らえられ処刑された。

「殿への忠義はどこへやら、皆逃げてしもうたわい」
コスト1.5
属性
兵種弓兵
能力武力3 知力8
特技防柵 崩射
計略憂国の水計範囲内の敵に水によるダメージをあたえる。ただし、計略使用時に国力を使用する。国力が足りないときは効果が下がる。ダメージは互いの知力で上下する。
必要士気7
Illustration : 山本章史

Ver2.0xC審配の互換。
計略は「外堀決壊」→「憂国の水計」に変更。
頼れる特殊水計と素敵な撤退ボイスで人気を集めた袁紹配下の忠義の士もめでたく復帰。
カード性能は全面的に変更になったが、相変わらずの水計持ちである。史実では水攻めされて負けたほうなのだが。

計略は国力消費という特性はあるものの、シンプルなダメージ計略
兵種や特技などを見ると魏のUC荀攸に近い性質のカードなので、運用もほぼ同じと考えていい。
ダメージ計略にクセの強いものしかなかった漢にとっては非常に貴重で、武力押し以外の決め手がほしい場合には選択肢に入る。
決起系ではなく憂国系なので、中盤の国力1の時点で十分な威力を発揮できるのも重要なポイントであるが、
国力-1に士気7と出費があまりに大きいので、使ってしまうと国力3決起の使用が厳しくなってしまうのは注意。
国力がないと威力が激減するが、兵力100%知力1に対しては確殺を取れる。

Ver3.59_1になり全般に上方修正。範囲は横幅が戦場7割にも達する広さになってマウントなどでの安定感が大幅に増し、
威力も知力3が確殺、知力4が稀に残る程度で知力5もかなりの確率で落とせる程に上昇。
他のダメージ計略と比較しても遜色ない高性能な計略になった。
ただし士気7に加えて国力1まで使うという出費の多さを考えると、これだけの性能であっても若干の割高感は否めない。
水計のプレッシャーで分散させ、崩射で槍を消しつつ各個撃破を狙うような、計略を使わない立ち回りを優先したり、
また実際に使用する場合は、複数のカードを撃破して大戦果を挙げられるタイミングを確実に狙い打つ必要がある。

GR司馬徽の知略昇陣やGR禰衡の指鹿為馬と噛みあう地属性でもあり、夢とロマンの可能性も秘めた性能だが、
いかんせん武力3は低すぎるため、夢を追わずとも実際に強いカードだらけであるコスト1.5の激戦区では埋もれがちなのが現状。

そのせいで計略の威力や範囲がほとんど知られていないので、リアルステルス気味の活躍が期待できる、かも。