カードリスト / Ver3.0 / / 004_甘寧


武将名かんねい こうは孫呉の名将
甘寧 −興覇−呉の猛将。粗暴な性格で、若い頃任侠の道を好み、傍若無人に振舞っていたが、書物に感化され改心して、劉表、黄祖に仕えた。しかし二人は甘寧を評価しなかったので、甘寧は孫権の配下となり、黄祖を討った。そして以後、その度胸と機転を活かし活躍した。

「お前、死んだな。呉の甘寧とは、俺の事よ!」
コスト2.0
属性
兵種弓兵
能力武力9 知力1
特技なし
計略孫呉の武【ため計略】(計略ボタンを押してから一定時間で発動する。この計略は反計されない)自身の武力が上がる。
必要士気3
Illustration : 夢路キリコ

Ver2.0xUC甘寧の互換。
計略は「強化戦法」→「孫呉の武」に変更。三国に1枚ずつあるコスト2脳筋武将の1枚。

Ver3.50以降では、コスト2の9/1組に内部調整が入り、攻撃力が武力8相当になり、防御力が武力9相当になっている模様。
弓兵は元々「攻撃力が高く、防御力が低い」と言う特性があるため、射撃威力も武力8相当に低下した事は
乱戦を積極的にしない弓兵にとってかなりの痛手で、3人の内修正の影響を最も強く受けてしまったことになる。
現在、武力9扱いは一騎討ちと走射だけであるというのが、突撃が武力9扱いされるR龐徳と比べて悲しい。

計略は4.5〜5cためて8c程度。知力+1につき1cほど延びる。
挑発されても踏ん張って射撃や攻城を続けられるのは利点だが、結局ため終わったあと引っ張られるのはご愛嬌。
ただ、士気3で(短時間とはいえ)武力14になれるのは士気効率も悪くなく、決して無駄というわけではない。
弓兵という兵種特性上、伏兵を踏む心配は少ないうえ、位置取り次第でダメ計や妨害を警戒しつつ攻撃しやすいため、
他の脳筋シリーズに比べて、知力1が致命的な欠点にならないような運用をしやすいという強みがある。

Ver3.5までは人属性の高武力弓という独自性を持っていたが
Ver3.59で同属性武力8弓兵、募兵持ち、汎用性の高い計略を持つR淩統が登場。
採用するにあたってはR淩統にはない強みを十分理解した上で使いたいところだ。

Menu

最新の20件

2019-07-21 2019-07-20 2019-07-19 2019-07-18 2019-07-17

今日の20件

  • counter: 67731
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 38